カテゴリー「お店での出来事」の記事

シリーズ 松庄の歴史

写真は母がまだ魚の棚に嫁いでくる前のもの。

昭和53年に藤江の公設卸売市場が開設するまでは、セリは魚の棚から南に下がった海辺の辺り(今の分場)で行われていた。

当時、魚の棚の魚屋は朝は卸、その後は小売りという二枚看板の店が多かった。

親父は深夜3時頃から店を開け夕方の6時頃まで、母は早朝5時頃から働いていたように思う。

休日といえば写真の頃は正月とお盆の二日のみ、その後少しずつ増え、おいらが小学校の頃には今の週1の休みが義務づけられるようになったそうだ。

この頃は店の奥と2階が住まい、 祖父、祖母、住みこみの従業員さんもいて、大所帯での生活だった。

みなの食事を作るのは母、 80歳を超えた母は今でも料理を作るのが早い、たぶんこの頃の経験からだと思う。

魚の棚は「金の成る木」と呼ばれた一方で「地獄の八丁目」とも呼ばれたそうだ。

そんな時代を経て、父と母が魚の棚から離れたところに念願の住まいを建てたのは、おいらが中2の時。

職場と住まいが別々になり生活も激変した。

Old2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移り行く松庄の従業員

思えば松庄も随分と変わったものだ。

↓写真上は、当時サラリーマンのおいらが家業を継ぐ直前のもの。

真ん中が親父で、この2年後に他界。

当時の松庄は男社会、従業員さんも殆ど正社員、威勢の良さがウリ?で売り方も強引?くわえタバコもちろんOK!

それでも売れまくったというなんとも良い時代。

ただ、今もこの頃と同じだったら?

結果は歴然、だから過去を語っても意味がない。

写真下は現在。

従業員さんのほとんどが女性パートさん、親切で丁寧なのがウリ、とても買いやすくなった。

これはおいらがD社時代に得たものかも。

ただ、かつてのような賑わいはなく、厳しい時代に直面している。

大事なのはこの先、

さて、どう戦う?

1804132

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和の魚の棚

朝、出勤すると店の前がアスファルトになっていた。

まだ工事は途中でこれから塗装されるようだが、この感じ懐かしい。

魚の棚は現在のタイルの前はアスファルト。

このアスファルト時代が魚屋の黄金時代?活気というかむしろ殺伐としていた。

「嫁さん、えらいとこに連れてきてもぉた~」(笑)

写真(1枚目)はアスファルト時代の魚の棚。

手前に写っているのが松庄(昭和)。

商品がめちゃくちゃ前まで飛び出してる、今なら大ひんしゅく。

当時は魚を料理するなんてことは殆どなく、丸っぽのまま新聞でくるんで「はい、どうぞ!!」

それでも売れまくるという今から思えば凄い時代。

言葉使いも荒っぽく加えタバコはあたりまえ、ちなみにおいらも当時はタバコスパスパ(^_^;

今は接客も親切で丁寧、さらにほぼ全品料理、おいらも禁煙(笑)

店も明るくなりお客様にとっても買いやすくなった・・はず。

にも関わらず当時を懐かしむ声も多い。

いや、今を否定するそんな声すらある。

何が言いたいんじゃ~!

写真のタイトルにもあるように、あの時代はまさに「庶民の台所」だった。

魚種も豊富で、おいらもできるならそうありたかった。

ところが、スーパーの台頭は目覚ましく、お客様は激減、

住み分けを考えなければ、このままでは崩壊は目に見えていた。

そこで思い切って路線変更。

当時から最も強かった明石物に特化することに・・

これが正しいのか間違っているのかは分からない、

正しいと信じてやるしかない。

ある人に言われたことがある。

「商いで最も難しいのは、最後までその地に立ち続けること」

Suonotana

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関西ウォーカー

Kansai Walker (関西ウォーカー) 2017年 10/10号

Kansai1

Kansai2

Kansai4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日新聞一面(大晦日)

大晦日、

朝日新聞一面は松庄で飾って頂きました。

31asahi

31asahi2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめてのおつかい

「はじめてのおつかい」という番組をご存じでしょうかっ?

数ヶ月前、幼い女の子が松庄に来て鯛の刺身を買ってくれました。

じつはこれロケだったんです。 (カメラはバレないように箱で隠されていました。)

出演の難易度はかなり高いようで、回収したアンケート約6000件をもとに電話し、取材するのは500件ほど。

さらに、お母さんと話をして、実際に現地へ行くのは300件ぐらい。

その中から、実際にロケをするのが100件。

そして、最終的に放送になるのがその中のわずか7〜8件なんだそうですが、どうやら選ばれたようです、

先ほど、テレビ局から電話がありました。

放送日:1月9日(月・祝)夜7:00~9:54

日本テレビ

番組ホームページはこちら

ちなみにおいら写ってませんのでご安心下さい(笑)

Main

Img_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明石まちなかバルを終えて・・

明石まちなかバル

太刀魚(明石浦)の刺身と来楽(茨木酒造)。

昼のセリでは予定していた小鯛は少なく、代わって太刀魚が大漁とうことで、迷わず太刀魚に決定、バル用もセリ落とすことに・・

卸してみると若干のムラはあるものの、おおむね脂がのって良くなっている。

通常の営業を5時に終え6時バル開始。

唄う柔道家・高山太地くんの唄でスタート。

太ちゃん、盛り上げてくれてありがとう(^_^)v

早速、作業に取りかかり、手を止めることなく、100食完売したのは9時。

中には「へ~~太刀魚って刺身で食べられるんやぁ~」

そんな声があったり、 捌く様子を興味深く見て下さる人も多く、日頃の商売にはない楽しさがありました。

音楽や商売仲間、最後にはPTAでお世話になった先生がドッときて下さり、とても嬉しく懐かしかったです。

この様な出会いもバルの魅力かもしれません。

これからも続けていけるよう頑張ります。

最後に、実行委員会の皆様、そしてなによりもお越し頂いたお客様、本当にありがとうございました。

22016bal

22016bal2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うまいッ!(NHK全国放送)取材

今日、NHKの取材がありました。

うまいッ!(全国放送)
http://www6.nhk.or.jp/umai/

テーマは「明石鯛」。

漁船に同行しての明石海峡での鯛漁~明石浦の昼市~魚の棚といった流れ?

明石鯛といえば全国ブランドで高級魚というイメージがあるようですが、小鯛ならお手頃価格でお求め頂けます。

しかも、この時期のは肥えていて脂ののりもバツグン!

松庄ではそのあたりを取材されました。

これ、おいらにとっては、ドンピシャの流れかも。

放送日予定日:

11月20日(日)朝6時15分~6時49分

再放送:24日(木)午後3時10分~3時44分

1120nhk

1120nhk2

1120nhk3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さかなクンがご来店

ギョギョギョ.........

さかなクンが松庄に立ち寄ってくれました。

Sakanakun

Sakanakun3

Sakanakun2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ひるブラ」NHK全国生放送

NHK「ひるブラ」

全国生放送、無事終了。

リポーターは女優のとよた真帆さんと、NHK神戸放送局の和田光太郎アナウンサー 。

1027nhk1

1027nhk2

1027nhk3

1027nhk4

1027nhk5

1027nhk6

1027nhk7

1027nhk8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧