« 2020年6月 | トップページ

2020年7月に作成された記事

下町水産~活洲のトラブル発生、絶対絶命?~

下町ロケットではなく「下町水産」

ようやく13連勤も終わりが見えかけた日の夕方、居酒屋でくつろぎの一時を満喫していると、そこへ一本の電話が、
「社長、大変です、活洲のモーターから水揚が漏れてます」
とりあえず循環器のスイッチを切るよう指示、
ここを止めればこれ以上海水が減ることはない、

とりあえず店に戻り自分でも何カ所かいじってみたがどうにもならない(実はこのことが後に悲劇を生むことに)
業者に連絡、明日、朝一番で来てくれるとのこと、一安心、
おそらくポンプが壊れただけやろぉ~

夜、なんか気になる、循環器を止めているので活洲のタコは大丈夫かなぁ~
死んでしまうと翌日の商売に影響するばかりか損害額も大きい、
でも何匹かは覚悟せなあかんなぁ〜
気になって早朝5時前に出社、
すると濾過槽の海水が全て抜けてなくなっている、
え~~なんで~
落ち着け落ち着け、
でもマジ、やばいかも、
速攻で着替え、明石浦へ海水を汲みに、
浜に設置されているポンプで海水を汲んでは店に運び、また汲んで運び、
焦るな焦るな、
ところが何回か海水を入れた時点で気がついた、
ぜんぜん濾過槽に海水、溜まってないやん、
こんなことってある?
初めての経験に動揺が隠せない、
ポンプだけやないんやぁ~
もうアカン、絶対絶命や!
お盆前のこの時期に店や休むわけにはいかんしなぁ~
とりあえず業者に電話、
ところが電話にはでんわ、
お~~い!

ようやくつかまり直ぐに来てくれた、
しかし原因が分からないと考え込むばかり、
ついにはメーカーさんが駆けつけてくれて、
とりあえずその業者さんに図面を持ってこいと、
社長、これもしかすると、最悪、活洲のけて床を掘り起こさなアカンかもしれませんで~
そうなるとこれは大工事=莫大な費用もかかりそう、
とりあえず原因を突きとめたいので、もう一度濾過槽に海水を入れて下さい、
了解!
お隣の穴子屋さんに緊急事態発生の旨を伝え、車を移動させてもらい裏口から海水を入れることに、

でも、なかなか原因が分からず、
すみません、社長、今日はこれで、明日また出直します、
おいらも気が気でない、
ようやく13連勤が終わろうとしているのにまさかの事態、
ここは自分で自分に言い聞かす、
いかなる困難もそれを楽しまなくては、
活洲のトラブルくらいでおいらの人生がどうかなるわけでもない、
動揺を抑え、なんとかなるさぁ~
とにかく楽しいこと考えよっ、

翌日、メーカーさん、
社長、私も昨夜は気になって眠れませんでした、

しばらくたって…

原因、突き止めました!!
ただ、ここからは非常に重要なお話しがあります、
えっ、なんやなんや、
活洲、ポンプ以外は一切壊れてません、

えっ!!

誰かがこのバルブを開けてます、だからそこから全て海水が抜けています、
誰がやったか心当たりありませんか、

あっ、それ、ぼくです!
ポンプから海水が漏れてたんで焦ってこのあたりいろいろコチャコチャやってたら元の状態が分からなくなって、
でも、まさかそれがこんなこんなことになるとは、

メーカーさん、
社長、犯人はあなたです!

ってか、それもっとはよ分からへんかったん(笑)

13連勤も終わり今日はぐっすり眠れそう・・

200729

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ