« 麦わらだこの季節 | トップページ | 主役はお客様、魚屋は黒子 »

まっちゃんのお魚談義~魚屋の実力?~

料理屋さんからすれば魚屋レベルの魚捌きやハモの骨切りなんてちょちょいのちょい、
実際、「そんなん誰でもできそうやなぁ~」っと、言われることも、
そう、1匹或いは数匹ならおっしやる通り!...
ただ、100匹或いはそれ以上となればどうか?

商品としての価値を損ねることなく一定のレベルでムラなく捌く、
そして最も重要なことは、早さ!
ゆっくりなら誰だってできる、
ただ、それでは商売にならない、
より早く、より多く捌くところに難しさがある、
気力、体力、集中力!
甘く見るんじゃねえ!(笑)
もちろん手を切ってしまえばアウト!
ただ、それを恐れていては進歩はない。

かつて、魚の棚の魚屋といえばイケイケドンドン?
実際、見栄やはったりも横行していた!
でも、本当は地味で仕事に忠実、もちろん私生活も含めて?(笑)

多くの魚屋仲間は「厳しい」と声を揃える、
しかし、「仕事が嫌い」という声はまったく聞こえてこない、
しんどいけど好き?
これが商売の根幹かも・・

|

« 麦わらだこの季節 | トップページ | 主役はお客様、魚屋は黒子 »

お魚」カテゴリの記事