« まっちゃんのお魚談義~魚屋の実力?~ | トップページ | 明石半夏生たこまつり週間 »

主役はお客様、魚屋は黒子

東京にある某レストランさんの逸品、
「明石の真鯛のヴァープール 姫茸と発酵クリームソース
なんかおしゃれ〜

鯛は明石浦でおいらがセリ落としたもの、
東京へ送られ、一流の(たぶん?)のショフに料理され、
お客様が大切な時間を過ごされる、
そう思うとなんとなく楽しい、

あくまで主役はお客様、
漁師、魚屋、シェフは黒子、鯛は脇役、
黒子のおいらに求められるものはただ一つ、食材そのもの
愛想や媚を売ることではないはず!
ってこれが言いたい?(笑)
20190621tai 

|

« まっちゃんのお魚談義~魚屋の実力?~ | トップページ | 明石半夏生たこまつり週間 »

お魚」カテゴリの記事