« まっちゃんのお魚談義ー番外編ー | トップページ | 新ワカメの刺身 »

メバル噛み

どちらもイカナゴに混じっていたもの。

一つめの写真、
浜では「メバル噛み」と呼ばれ、メバルの稚魚が混ざっていることがある。
食べたときガチガチと硬く食感が悪くなるので、評価(浜値)は下がる、...
一見同じ様なイカナゴでかなり安いく売られているものがあれば、それはメバル噛みかもしれないのでよく確認しょう、
とはいっても、これがなかなか分かりづらい。

二つ目の写真、
ノレソレと呼ばれる穴子の稚魚、ハナタレとも呼ばれている。大きないかなごに混ざっていることが多い。
いかながを炊くときは邪魔者だが、これ自体はとても価値がある。生のままポンズ等で食べると絶品!

イカナゴやチリメン漁でこういった魚の稚魚(或いは他の魚のエサになる稚魚)が捕獲されてしまうことがある、これが現在の魚の激減につながっているとの指摘もあるが確かなことは分からない、あくまで憶測とのことらしい。

2019ikanago Noresore

|

« まっちゃんのお魚談義ー番外編ー | トップページ | 新ワカメの刺身 »

いかなご」カテゴリの記事