« 昭和の魚の棚 | トップページ | 移り行く松庄の従業員 »

いかなご繁忙期に勃発する珍現象?

イカナゴ期は、朝から問い合わせの電話が鳴りっぱなし。

いらちの?関西人はいきなり、 「今、なんぼ!!」

分かっていても、一応、 「なにがですかぁ~」

おいらの性格曲がってる?(笑)

情報を聞きたいのはよ~~く分かるが、小さな個人商店なんで、イカナゴ販売中は電話には出れない。

そこで、ネットでもって対応↓

https://twitter.com/fish449238

これがなかなかの好評で店頭ではお褒めの言葉も・・

もちろん「ネットなんてでけへん!」といわれるお客様も多い(特にお歳を召された方」。

ただ、「頑張ってみるわぁ~」そう言ってくれるお客様もおられらので、そこは前向きに検討して頂ければおいらも助かるしお互いwinwin?

この時期、店の電話は留守番電話になっていて、元放送部の家内が録音した音声が流れる。

「ただ今、電話にでることはできません。いかなご情報は・・」

っと、こんな感じで。

先日、とある電話。

いきなり留守電の音声に向かってしゃべりだし、 あげくの果てに、

「なんや~この姉ちゃん、一方的にしゃべるだけしゃべって、ありがとうございました言うて勝手に切りおった~!!」(激怒)

留守電と気づかず音声に向かって、ひとりしゃべっている人ほんと多い、

あげくの果てに「何じゃこれ~」

おたくの方が何じゃこれじゃ~

もっと落ちついて~(笑)

|

« 昭和の魚の棚 | トップページ | 移り行く松庄の従業員 »

いかなご」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/73070802

この記事へのトラックバック一覧です: いかなご繁忙期に勃発する珍現象?:

« 昭和の魚の棚 | トップページ | 移り行く松庄の従業員 »