« 関西ウォーカー | トップページ

オコゼの唐揚げ

全国のお魚ファンの皆さんおはやようございます、「まっちゃんの魚屋談義」のお時間です。

今回はオニオコゼ。

背びれに鋭いトゲがあってこれに刺されると即病院行きという明石史上最も恐ろしい魚。

だがその身は外見からは想像出来ないほど綺麗な身をしている。

フグにも勝るとも劣らないのではないかと・・

オコゼといえば高級魚のイメージがある。

確かに大きなものは高いが、少し小さいくなるだけでもはや雑魚扱い。

理由はいろいろあるが、やはり処理が手間、これが一番ではないかと・・

小さな物はあまり刺身には適さない。ところが唐揚げすると・・

「オコゼの唐揚げに勝る物はなし」と言われるほどの絶品料理。

【料理方法】

トゲをとって水洗い、ここまでは買った魚屋でやってもらおう。

次に中骨の両側に包丁を入れる(写真下)。

片栗粉をつけ、低温で揚げる。 きつね色になったら一度あげ、油の温度が再び上がるのをまってもう一度揚げる。

これを二度揚げと呼び、こうすることで骨まで(頭も)食べられる。

では、試してみて下さ~い。

Okozekaraage

|

« 関西ウォーカー | トップページ

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/72656939

この記事へのトラックバック一覧です: オコゼの唐揚げ:

« 関西ウォーカー | トップページ