« トヤイやる新聞 | トップページ | 「まっちゃんのお魚談義」カニとハモ »

最終魚、ハモ

そろそろ水揚げ終了の最終魚、ハモ。

肉厚で脂でベトベトになってきた、一年で最も美味しい季節。

しかし、その分、骨切りは難儀で、これまでのようにサクサクいかない。

本日は朝5時前から取りかかって所要時間約4時間。

ラジオを聞きながら黙々と作業。

そんなハモも浜では何故かこの時期は「残りハモ」と呼ばれ評価が低く値がつきに難い。

この評価は間違っている。

消費者が夏が旬の魚と誤認識しているのと、 安くて手の掛かる魚なので魚屋も敬遠がしち、 そんなことも低価格の要因なのかも。

夏は高級魚なのだが、本来なら水揚げも多いこの時期にもっと評価されなければならないはず・・

さて、 昼飯を食べてこれから昼市。 

本日のセリの所要時間は約2時間、長い(^_^; 

「生きるのではなく生かされているのだ」の精神で頑張ろう(笑) 

ほんとうは頑張りたくないかも? 

でも、世の中そんなに甘くはないので・・父ちゃん頑張ります(笑)

1105hamo

|

« トヤイやる新聞 | トップページ | 「まっちゃんのお魚談義」カニとハモ »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/68263927

この記事へのトラックバック一覧です: 最終魚、ハモ:

« トヤイやる新聞 | トップページ | 「まっちゃんのお魚談義」カニとハモ »