« CHICKEN JEORGE | トップページ | 秋の深まりとともに・・-紅葉鯛- »

秋の深まりとともに・・-活ハモ-

「秋が深まる」とは上手く言ったものだ。

その言葉の通り、秋は魚も日に日に変化が見られる。

そん中、今回はハモの話。

ハモは初夏が旬で高級魚というイメージが強いが、旬は秋。

初夏は産卵期にあたり、産卵後、再び肥えてくるのがこの時期。

秋が深まるにつれ日増しに脂がのってくる=美味しくなってくる。

「ハモを食べるのなら秋」

これ、産地の常識?

しかし、何故か世間一般では、秋のハモは、「残りハモ」「なごりハモ」と呼ばれ評価は低くなる。

良くなるにつれお手頃価格になってくる、なんとも不思議な魚。

そういえば、以前、淡路島で「ハモかまぼこ」なるものを発見した。

「えっ、ハモの練り製品!」

夏場、京都で高級魚としてもてはやされているあのハモが・・

輸入品?

いや、淡路産と表示されている。

それくらい同じハモでも秋は低い扱いを受ける。

ハモはどんなに安くても丸ごと一匹買ってくれる、そんなお客さんはまずいない。

開いて骨を切って販売するのが常識。

非常に手間暇のかかる魚ゆえに、魚屋も扱う数には限界がある。

さらに秋は需要も下がるので、それなりのお値打ち価格にしなければ、購買欲は刺激できない。

このあたりも、秋のハモが安くなる原因のひつなのかも。

とはいえ、寒い時期のハモ鍋は最高!

みそ汁の具として入れても上手い、

もちろん、湯引き、天ぷら、フライ等々、お手頃価格ゆえにガッツリ堪能できる。

当店では、この時期、ハモを骨切りまでするのに朝の3・4時間くらいをついやしてしまう。

そのせいか?気にならない人はまったく気にならないレベルではあるが、皮に近いところの骨を残してしまうことがある。

そこはお値段で辛抱?

それでも、気になる人からはクレームがあったりも・・

そんな時は、ひたすらに「スミマセン」(^_^;

され、そんなハモとの格闘もこれからが本番!

Hamo0926

|

« CHICKEN JEORGE | トップページ | 秋の深まりとともに・・-紅葉鯛- »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/67672823

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の深まりとともに・・-活ハモ-:

« CHICKEN JEORGE | トップページ | 秋の深まりとともに・・-紅葉鯛- »