« 秋の深まりとともに・・-活ハモ- | トップページ | 秋の深まりとともに・・-ツバス- »

秋の深まりとともに・・-紅葉鯛-

秋の味覚を代表する魚、鯛。

明石鯛が日本一と言われるのは、明石海峡の潮の流れの早さにあるといわれている。

その明石鯛、 春は桜ダイと呼ばれ秋は紅葉鯛と呼ばれる。

どちらも美味しいが、軍配は圧倒的に紅葉鯛にあがる。

脂ののり方が格段に違う。

春は産卵期にあたるのでお腹の子へ栄養が取られる?

産卵後は痩せ細ってしまう(脂ののりがなくなる)。

そして、夏頃から再び戻り(肥え)始め、ピークをに達するのが秋で、秋が深まるにつれ日増しに脂がのって美味しくなってくる。

そんな紅葉鯛、ここにきて一気に良くなってきた気がする。

写真は今日捌いた小鯛。

小鯛といってもバカにはならない、脂は充分にのっている。

それに、なんといってもお手頃価格。

作業的には少し手間だが、小鯛を中心に売ることが多いのはそのため。

「とにかく美味しい魚が食べたい」そんなお客様は料亭に・・

おいらが狙うのは大衆魚と呼ばれる魚、

お手頃価格で少しでも価値ある魚をセリの中で見つけていく。

秋の浜は魅力のある魚が多い。

0927tai

|

« 秋の深まりとともに・・-活ハモ- | トップページ | 秋の深まりとともに・・-ツバス- »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/67684012

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の深まりとともに・・-紅葉鯛-:

« 秋の深まりとともに・・-活ハモ- | トップページ | 秋の深まりとともに・・-ツバス- »