« 魚の棚半夏生七夕夜市(告知) | トップページ | 男盛会at魚の棚半夏生七夕夜市 »

明石半夏生 たこまつり月間

毎年7月2日は半夏生、

そこで日本記念日協会によって「タコの日」と認定されている。

ところが、うるう年の今年は1日が半夏生になる。

半夏生、タコの日・・どちらを本命にするか迷う?(笑)

7月1日~8月8日は「明石半夏生たこまつり月間」

当店のウリは生きたタコ、

浜ではタコが生きているのはあたりまえ、

ところが卸売市場ではその多くは既にしめられている。

何故か?

タコの様な大衆魚を生きたまま大量に流通させるとなるとコスト面からも作業面からも厳しい。

当店は、明石浦まで車で5分という地の利を活かせ、生きたままタコを持ち帰り素早く店内の活洲に入れる。/p>

店頭ではタコがグネグネとき動きまわり、道行く人を驚かせる。

これが魚の棚の商い!

「生きてる」

これって、あたりまえのようで、あたりまえでない。

いろんな要素が上手くかみ合わないと実現できない。

明石浦にこだわるのはそのため。

故に「明石浦漁港直送」と明記させて頂いた。

これは鮮度に対するアピール。

魚は鮮度が命。

0627tako2

0627tako
0627tako3

|

« 魚の棚半夏生七夕夜市(告知) | トップページ | 男盛会at魚の棚半夏生七夕夜市 »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/66229191

この記事へのトラックバック一覧です: 明石半夏生 たこまつり月間:

« 魚の棚半夏生七夕夜市(告知) | トップページ | 男盛会at魚の棚半夏生七夕夜市 »