« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月に作成された記事

明石浦の新人「競り人」(神戸新聞)

おいら毎日、お昼前に浜(明石浦)へ魚の買付に行く。

漁師が獲ってきた魚は「市売り」と呼ばれる競り人によって売り捌かれる。

競り人の後には漁師の姿、おいらの周りには買付人=同業他社。

開始を告げる鐘とともにセリ台に立ち、この市売りと向かい合って魚をセリ落としていく。

先日、明石浦の新人「競り人」が、神戸新聞に大きく取り上げられていた。

見出しにあるように、まさにここは真剣勝負の場。

おいらがこの魚屋という仕事にやりがいと緊張感を持ち続けていられるのも、そのひとつにこの「セリ」というものがあるからにちがいない。

20151130_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015師走

20151130

さて、いよいよ師走。

商人にとっては一年の総決算。

魚の棚では7日(月)~9日(水)までの3日間、売出しも行われます。

当店に関するお魚情報はこちらにのせています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同じ太刀魚でも・・

1123tatiuo

11月23日(祝日)の朝・・世間は三連休で盛り上がっているようで・・なんとも羨ましい限りです。

おいらはもちろん仕事。

祝日にも関わらず今日も11時半から浜でセリ、魚もガッツリあるようで、ひたすらに魚と格闘?

「与えられたものがあるってことは幸せなことやなぁ~」っと、無理矢理そう自分に言い聞かせ働いてます(笑)

それにしても維新の掲げた都構想が否決され、その都構想を再び掲げた維新がこれまた圧勝・・

まったくもって大阪府民というか選挙というのはよく分からない。

結局、維新に振り回されている気がする、

そういう意味においては橋下さんって凄い。

まぁ、他府県のことなんでどうでもいいですが・・

そんなことより魚の話、こちらの方がおいらにとっては大切。

写真は太刀魚、どちらも同じ日に水揚げされたもの。

上のものと下のものでは色が違います。

上の白っぽいのを選ぶのが正解!こちらの方が良質な脂がよくのっています。

ただ、卸すと一目瞭然なのですが、

外見から見分けるには、大きさではなく丸々とよく肥えたものを選ぶこと。

同じ時期のものでもやはり善し悪しがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の京都

1119kyoto

1119kyoto4

1119kyoto2

秋の京都、家内と紅葉狩りへ・・

学生時代の四年間を過ごし、家内と数え切れないくらい一緒に歩いた思い出の町。

そんな我々夫婦も気がつけば50をこえている。

「平凡で平和が一番やなぁ~」っと、そんな話をしたようなしなかったような・・

思えばずいぶんと遠くまで歩んできたものだ。

で、紅葉狩りだが、 昨年は鞍馬、一乗寺を回ったので今年は市内ど真ん中、東山。

まずは厳しい修行で有名?な南禅寺。

つづいて永観堂、お坊さんの法話がとてもよかった。

で、最後はやはりライトアップ、 秀吉の妻「ねね」のゆかりの高台寺。

市内ではおそらくここが一番人気?

とにかくもの凄い行列、 日が暮れる前に行ったのは正解だった。

プロジェクションマッピングも行われていた。

「儲かってまんなぁ~」っと、ここでも商売目線?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »