« タコ漁密着取材 | トップページ | 海はそろそろ秋モード(太刀魚編) »

危険と隣り合わせの仕事(タコ漁)

今回のタコ漁取材、詳細は後日、ミニコミ誌「うおんたな」でお伝えするするとして、その前に・・

悲しいことに時折、海難事故が発生する。

中でも、ここらでよく聞くのが船からの落下。

どうやって落下が発生するのか、

おそらく、その多くは網をあげてから再び海に投げ込む、この間に発生するのではないだろうか。

潮の流れも速く、海に落ちれば、よほど運がよくなければ、まず助からない気がする。

さらに、漁の多くは夜間、視界も遮られる。 救命胴衣の着用を指導されているようだが、暑さや作業性を考えると、「どうしても・・」となるのかもしれない。

漁師にとって漁は商い、船上は戦場?

このことが救命胴衣の着用を妨げているのかもしれない。

危険と隣り合わせの仕事。

4枚目の写真は今回同行させて頂いた漁師さん。 親子で息子さんが漁歴25年、親父さんは50年以上になるそうだ。

安全第一で・・

0803tako1

0803tako2

0803tako3

0803tako4

|

« タコ漁密着取材 | トップページ | 海はそろそろ秋モード(太刀魚編) »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/61013920

この記事へのトラックバック一覧です: 危険と隣り合わせの仕事(タコ漁):

« タコ漁密着取材 | トップページ | 海はそろそろ秋モード(太刀魚編) »