« 時のウィーク2015 | トップページ | サゴシの刺身 »

出たとこ勝負!

「毎日が出たこと勝負!」

エエかっことも、いい加減とも聞こえるが、そういうところで商いをしているのでやむを得ない。

松庄が扱う主な魚は明石物=天然物。

天然物は自然に左右されるので水揚げ状況は毎日変化する、一定ではない。

昨日はまったく水揚げがなかった魚が、今日はうって変わって大漁、そんなことも頻繁にある。

そんな中において計画的な販売というのはまずもって不可能。

セリ台に立って状況を見ながら判断しその場で考える。

このあたりは経験とセンス、腕の見せどころ=勝負どこ。

もちろん良い日もあれば悪い日もある、

だから毎日が闘い、気が抜けない。

一方、スーパーではこの出たとこ勝負を嫌う。

計画仕入、計画販売、つまり安定供給が求められる。

となると養殖物、或いは他地域の魚、輸入物に頼らざるを得ない。

地産地消がさけばれる中、スーパーの鮮魚売り場で地魚が少ないのにはこういった事情がある。

余談だが、最近、商い以外のことでも「毎日が出たこと勝負!」そう思うことが多い。

本当はある程度計画にやるにこしたことはない、そのための準備が必要なことも分かってはいる。

ところが世の中そんなに上手くはいかない、トラブルもある。

この先も何が起こるか分からない、不安もあるが、今それを心配しても無意味、

結局、出たとこ勝負で乗り切るしかない。

このあたりは、仕事を通じて自然に身についたことかもしれない。

※↓写真は明石浦のセリ場、なにがくるかは分からない、出たとこ勝負!

0620fb

0620fb2

|

« 時のウィーク2015 | トップページ | サゴシの刺身 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/60448436

この記事へのトラックバック一覧です: 出たとこ勝負!:

« 時のウィーク2015 | トップページ | サゴシの刺身 »