« 女の気持ち「イカナゴのくぎ煮」/毎日新聞 | トップページ | 初入荷、ハリイカ »

終了直前のイイダコ

いかなごも残すとこあとわずか、カウントダウン状態?

それでもこの時期は、まだまだ炊き頃の良いサイズのがお手頃価格で手に入るという魅力がある。

炊き納めに、もひとついかがですかっ?

一方、これから水温の上昇とともに増えてくるのがふつうの魚?

ふつうの魚?

おいらにとっては本業?の明石昼網物のこと。

4月からは明石浦の昼市もサマータイムに変わり、これまでより30分早い11時ジャストスタート、

いよいよ本番。

そろそろブログでもふつうの魚ネタを書かなくては・・

そこで、まずはイイダコ。

1・2月頃が旬と思われがち・・

確かに2月は水揚げは安定しているが、イイダコの値打ちは頭の中のイイ(卵)の詰まり具合、

それがマックスに達するのが、水揚げ終了直前、最終魚と呼ばれる今、

最も価値が高くなる。

ただ、水揚げは激減するので、相場は跳ね上がる、それ故に旬とは呼びたくない。

↓写真、この卵色の部分がイイ(卵)、

どうですかぁ~バンバンに詰まっているのがお分かりいただけまっかぁ~

※詳細はこちら

0329iidako

Iinakoii640

|

« 女の気持ち「イカナゴのくぎ煮」/毎日新聞 | トップページ | 初入荷、ハリイカ »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/59436291

この記事へのトラックバック一覧です: 終了直前のイイダコ:

« 女の気持ち「イカナゴのくぎ煮」/毎日新聞 | トップページ | 初入荷、ハリイカ »