« 漁師の風景 | トップページ | 早くもイカナゴ商戦? »

鯛の肝

0201kimo

これは鯛(愛媛産養殖物)の肝。(この時期は明石鯛の水揚げは殆どない)

一匹からこれくらいしかとれないので、料理屋さん等ではあまり見かけることはないかも・・

魚屋で鯛を丸ごと一匹買って料理してもらうとき、

「キモは残しておいて~」っと、あえてそう言わなければ、おそらくアラとして処分される。

煮付けにされることが多いが、写真の様にごま油と塩で食べると、これがけっこういける。

特に酒のアテにはピッタリではないかと・・

今は販売を禁止されている生レバーと同じ食べ方。

生レバーの復活を願っている人は多いのでは?おいらもそのひとり。

代替品としてもお薦めかも・・

但し、生で食べる場合、新鮮でかつ綺麗なものであること。

変色したものや血が回っているのもはダメ。

マニアックだが希少価値の高い逸品。

|

« 漁師の風景 | トップページ | 早くもイカナゴ商戦? »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/58709868

この記事へのトラックバック一覧です: 鯛の肝:

« 漁師の風景 | トップページ | 早くもイカナゴ商戦? »