« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月に作成された記事

豊崎アナとツーショット

0206ikanag3

0206ikanag1

0206ikanag1_2

本日(26日)待ちに待ったいかなご解禁。

初日の林崎漁港には沢山、マスコミの方が来られていました。

おいらも「ちちんぷいぷいMBS)」の取材をうけました。

写真は豊崎アナとツーショット、めちゃ可愛いです。

しかも、江井ヶ島(明石市)出身だそうです。

いかなごよりもそっちのほうが気になったりして・・(笑)

ちなみに、豊崎ちゃん(って、ちゃんづけになってるしぃ~)のブログにもツーショットの写真載ってます ↓
http://www.mbs.jp/announcer/blog/57/

※いかなご関する情報はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるせ初入荷

0224furuse

いかなご新子解禁目前、その前に・・

本日、明石浦からフルセ(いかなごの親)を初入荷。

たまに「いかなごが大きくなればイワシになるの?」

そんな野暮な質問されるお客さんがいるが・・おいおい(^_^;

また、明石っ子においては、間違っても「フルセって何?」

そんな質問は厳禁!

そんなことを訪ねようものなら「あの嫁、なんもしらん」っと、噂は一気に広まる?(笑)

ちなみに、明石の漁師で人気№1の魚がフルセなんだそうだ。

いかなご好きは必ず?新子ではなく、フルセに一票を投じる。

当店もお昼のまかないでもフルセはすぐになくなるが、新子はけっこうねばってる?

※詳細はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いかなご解禁日決まる

イカナゴ新子解禁日が今月26日に決定。

え~~木曜日(定休日)、ド・ストライクやんけぇ~

これで休みなし決定やぁ~

ちなみに、今日の試験曳であがったいかなご、既にそこそこの大きさに達してる。

水揚げもそこそこあったとの声も聞こえてきたが、こればかりはふたを開けてみないことには分からない。

ただ、解禁日が昨年並みというのは、やはり不漁予測?

昨年の様に成長させることで重量を上げ、ある程度の水揚げを確保するという狙い?

理由はおいらには分からない。

ただ、小さいのがお好みの達人さん?にとっては、解禁、即、勝負となるかも?

来週初めは春一番が吹くかもという予報。

いよいよ春の訪れ。

そして、今年も始まるいかなご戦争。

※今期よりイカナゴ情報は↓にて
いかなご最新情報(Twitter)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いかなご情報

本日(19日)に予定されていかなご試験曳はシケのため中止、明日(20日)に延期。

したがって解禁日の発表は20日夕方頃になる見込み。

ところで、今年のいかなご新子漁は不漁予想。

産卵量は平年の1割あまりとのこと。

過去最低をさらに下回る可能性も高いとのこと。

昨年は平年を下回ったが、解禁日を遅らせ成長させることで重量を増し、平年並みの漁を確保した。

そのため、小さいのを好まれるお客さんにとっては少し期待外れだったかも・・

今年はさらに不漁とのことなので、やはり小さいのは期待しにくのではないだろうか。

また、過去最低となれば、小さいのはもちろん、シーズンを通して厳しい状況も予想される。

※今期よりイカナゴ情報は↓にて
いかなご最新情報(Twitter)

↓ちちんぷいぷい(MBS)の取材に応じる家内。

0219tv

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いかなご解禁日予想

今日(18日)、海は荒れ模様、この時期は寒波によるシケが多い。

ただ、今週末あたり、春一番がやってきそう。同じシケでも南からの暖かい風で海が荒れる。

いよいよ春モード。

そこで、いかなご解禁日予想............競馬やないちゅうねん(笑)

解禁日を予想したり、今期の状況を今、予想したところで、ふたを開けてみないと分からないので、まったく意味がない。そう、海は未知なるもの。

でも、まぁ、いかなご力試しテスト?として、これまでいろいろ分かってきていることを参考に19日の発表前に解禁日を予想してみたい。

まずは、昨年。

解禁前は不漁予測、小さい段階で獲ってしまえば最盛期でいなくなるかもという懸念からか解禁日を遅らせ成長を待った。

(数年前、超不漁を経験しているのでここは慎重?)

その結果、平年並みの漁が確保でき、相場もそれほどの高騰もなくまずまず。

ただ、小さいのを好む達人と呼ばれる人たちにとっては、解禁直後のいかなごを見るやいなや「でかぁ~」っと、悲痛な叫び?

そこで、今年だが・・

予報では昨年よりさらに少ないとのこと・・

「やはり少ない年は成長を待った方がいい」という派と「いや待て小さい時に勝負、そこは操業時間で調整すれば」派に分かれ、各漁協の間で駆け引きがおこる・・?

おいらの予想としては、昨年並みの27日あたりりではないかと・・

(正確には27日大阪湾解禁、播磨灘は少し遅れて)

流石となるのか?それとも、ええかげんな奴やとなるかっ?

正解は19日発表。

※今期よりイカナゴ情報は↓にて
いかなご最新情報(Twitter)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成27年漁期イカナゴ(新子)漁況予報

平成27年漁期イカナゴ(新子)漁況予報

(兵庫県立農林水産技術総合センター・ 水産技術センター)

昨年は、産卵量や稚仔の分布量は少なかったが、網おろし日を遅くしてシンコの 漁獲開始サイズを大きくした。

その結果、大阪湾では不漁であった2年前を上回り 平年 並みの漁獲量となった。

播磨灘の西部では2年前が好漁であったため、昨年 はそれを下回ったが平年並み、東部でも平年並みの漁獲量であった。

今期は昨年よりさらに産卵量や稚仔の分布量が少ないこと、備讃瀬戸 の親魚量 も少ないこと(香川県水産試験場の親魚調査結果より)から、

今期のシンコ漁獲量は、播磨灘、大阪湾では昨年及び平年を下回る。

※今期よりイカナゴ情報は↓にて
いかなご最新情報(Twitter)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えのもと和夫応援団

明石市長選候補のえのもと和夫をよろしくお願いいたします。

※えのもと和夫応援団Facebook

0216eno

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろいかなごモード

2015いかなご漁は、今月19日(木)に試験曳が行われ、その日の夕方には解禁日が決まる見込み。

早ければ23日、

おいらとして27日以降の方が・・

3月は休みなしなんで最後の木曜日は休みたい、いや、休ませてくれ~。

さて、ここで、忘れかけている昨年のいかなご解禁日を振り返ってみよう。

解禁直後のいかなごは達人と呼ばれる上級者のお客さんに人気がある。

達人にとって大切なものは出来栄え、販売価格はにのつぎ?

サイズと鮮度が重要。

それ故、達人は解禁直後に朝一番(入荷前)から店頭に並ぶ、待つことは惜しまない?

しかも、その後、値段が下がろうがどうが、そんなことは気にもかけない。

新鮮ないかなごをゲットすれば寄り道なんでありえない、素早く持って帰り速攻で炊く。

土生姜は予め切っておき、準備も万全、ロスタイムは最小限にとどめる。

これがプロ市民?と呼ばれる達人のあるべき姿なのだ。

ところが、昨年の解禁初日(2月28日)、そんな達人にとって悲劇?が・・

値段的にはまぁ、適正範囲内?

では、いったい何が?

サイズがデカイ。

達人にとってこれは痛い。いきなり中級者向けサイズ。

達人は小さいものを好む。

小さいものほど炊きあがりが綺麗、

難易度は高いが、上手く炊けばそれだけ大きな賞賛が得られる。

素人は何度も失敗を繰り返す、達人への道は険しい?

だが、それが購買欲を促進させ、いかなご人気の要因のひとつになっているのかもしれない。

昨年はいきなりの大きさに、「これは早く炊かねば」と焦ったお客さんも多かったのではないだろうか。

さて、今年はどうなんだろう。

昨年の反省から解禁日は少し早まる?

※今期よりイカナゴ情報は↓にて
いかなご最新情報(Twitter)

参考までに・・↓は昨年解禁日の林崎のいかなご、確かにデカイ。

0228ikanago

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昼めし旅(テレビ東京)

8日(日)午前中、

昼めし旅~あなたのご飯見せて下さい!~(テレビ東京)

とう番組の取材。

ディレクターさんから昼めしを見せて下さいとの依頼があった。

とはいえ、松庄のお昼は10時と早く、しかも、まかない飯ではなく外注の500円弁当、それにおかんが作る味噌汁とサイドメニューが一品つくだけ・・

その一品も店の売れ残り、ご期待に応えられないのではと・・

でもまぁ、「それで十分!」ということなので快くお受けした。

9時過ぎから収録スタート。

おいら、てっきり昼めしのみの取材であくまで主役はおかんと思っていた。

そんなんでカメラを向けられても気持ちも軽く、ゆるぃ~感じで冗談を交えてお話していたのだが・・

どうやらこの番組、そこから見えてくる、その人の人生も紹介するということらしい、

えっえ~~

後半はけっこう真面目な話に・・

魚から一気に人生観?ガッツリトーク。

最後にディレクターさんから「これまでのロケの中でもかなり良い内容のお話でした」っとお褒めのお言葉を頂いた。

お世辞と分かっていても、そう言われると嬉しいもの。

ちなみに、この日のおかんのサイドメニューは子持ちいいだこの煮付。

放送は2月27日(金)or3月6日(金)昼11:45~12:45

関東方面のみ。

0208tvfb2

0208tvfb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早くもイカナゴ商戦?

ダイキへ買い物へ・・

すると、早くもイカナゴ商戦?

これから日増しにムードが高まってくる、もちろん我々もたきつけていく。

さて、27年度漁期イカナゴだが・・

2月16日に漁況予報が公開され、ここで今期の状況が少し明らかになってくる。

その後、試験操業が行われ、その結果をうけて解禁日が決>められる。

例年であれば2月後半、成長の遅れが見られると3月始めになる年もある。

昨年より少ないとの声もあるが、 近年、人気の低迷からか、「漁が少ない=相場が上がる」とはならない。

イカナゴに限らず全ての魚は、獲る人がいて、売る人がいて、そして買って下さるお客さんがいる。

人気を継続させるためには、この三者のバランスが大切。

漁師は相場の高騰を期待し、魚屋は暴落を期待する。

これではおそらく続かない。

漁師、魚屋、消費者、全ての人が満足できる、そんな状況がベスト。

それには安定した漁と人気、これしかないのだが・・

※今期よりイカナゴ情報は↓にて
いかなご最新情報(Twitter)

0203ikanago

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鯛の肝

0201kimo

これは鯛(愛媛産養殖物)の肝。(この時期は明石鯛の水揚げは殆どない)

一匹からこれくらいしかとれないので、料理屋さん等ではあまり見かけることはないかも・・

魚屋で鯛を丸ごと一匹買って料理してもらうとき、

「キモは残しておいて~」っと、あえてそう言わなければ、おそらくアラとして処分される。

煮付けにされることが多いが、写真の様にごま油と塩で食べると、これがけっこういける。

特に酒のアテにはピッタリではないかと・・

今は販売を禁止されている生レバーと同じ食べ方。

生レバーの復活を願っている人は多いのでは?おいらもそのひとり。

代替品としてもお薦めかも・・

但し、生で食べる場合、新鮮でかつ綺麗なものであること。

変色したものや血が回っているのもはダメ。

マニアックだが希少価値の高い逸品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »