« 年末鯛? | トップページ | 焼鯛地方発送 »

ブリ中落ち

Burinakaoti2

Burinakabone

ヒラメが良くなってきた、大きくてよく肥えたものは浜値で一匹数万円もする。

まぁ、デフレ脱却のためにはお金の有り余っている人は貯めずに使ってもらわなくてはいけないのだが・・

おいらには無縁の世界なんで、もう少し庶民レベルの話を・・

今回紹介するのはブリの中落ち。

これは山ちゃんが経営するPon-kotus(明石銀座通りの居酒屋)にもあった逸品。

アラとして捨てられるか、二束三文で売られる中骨に付いてる身をスプーンでほじくり出し、刺身にして食べる。

これがとろりとしてなんとも美味い。

ちなみに山ちゃんは、昼は松庄従業員、夜は居酒屋の親方。どんだけ働いとるネン(笑)

そんな彼が店を構えたのは・・

「お酒の銘柄も大切だが、それよりもサラリーマンはその日の疲れを癒やすためにただ酔いたいのだ、そこには金銭的制約もある。そんなサラリーマンにとって憩いの場となるような店にしたい」

たぶん頭で考えたのではなく、これまで夜な夜な飲み歩いてきた経験から培ってきたのだろう(笑)

ただ今、友人に囲まれ大繁盛中!

|

« 年末鯛? | トップページ | 焼鯛地方発送 »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/58341154

この記事へのトラックバック一覧です: ブリ中落ち:

« 年末鯛? | トップページ | 焼鯛地方発送 »