« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月に作成された記事

焼鯛地方発送

29日より店頭で焼鯛の販売。 滑り出しはやや不調だったが、アベノミクス効果?、30日は好調、残すとこあと一日。

一方で、今年は予約の地方発送が過去最高を記録した。

年々、ネットによる注文も増えいる、これも時代の流れかも・・

思えば、まだネットが認知されていない頃、予約獲得方法がいまいちつかめず、身近な人にお願いしたり店頭に張り紙を貼ったりとコツコツと注文を集めていった。

知人の会社の朝礼でPRさせて頂いたこともあった・・

養殖鯛(愛媛産)は脂ののりがよく身が柔らかくて美味しい。

お手頃価格というのもあって評判が良くリピート率も高いので、年々数字が伸びてきた。

ただ、単に売れ数だけで喜ぶわけにはいかない。

この鯛が届くその先は、お客様の大切なお正月の食卓。

自家製の焼鯛を焼く様になったのは平成8年の新社屋完成時の年から・・

クレームによる苦い経験もある。

お正月という特別な日のクレームはかなりキツイ、「スミマセン」ではすまない。

クレーム0であって初めて一息つける。

20141230yakitai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブリ中落ち

Burinakaoti2

Burinakabone

ヒラメが良くなってきた、大きくてよく肥えたものは浜値で一匹数万円もする。

まぁ、デフレ脱却のためにはお金の有り余っている人は貯めずに使ってもらわなくてはいけないのだが・・

おいらには無縁の世界なんで、もう少し庶民レベルの話を・・

今回紹介するのはブリの中落ち。

これは山ちゃんが経営するPon-kotus(明石銀座通りの居酒屋)にもあった逸品。

アラとして捨てられるか、二束三文で売られる中骨に付いてる身をスプーンでほじくり出し、刺身にして食べる。

これがとろりとしてなんとも美味い。

ちなみに山ちゃんは、昼は松庄従業員、夜は居酒屋の親方。どんだけ働いとるネン(笑)

そんな彼が店を構えたのは・・

「お酒の銘柄も大切だが、それよりもサラリーマンはその日の疲れを癒やすためにただ酔いたいのだ、そこには金銭的制約もある。そんなサラリーマンにとって憩いの場となるような店にしたい」

たぶん頭で考えたのではなく、これまで夜な夜な飲み歩いてきた経験から培ってきたのだろう(笑)

ただ今、友人に囲まれ大繁盛中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末鯛?

魚の棚の魚屋といえば昼網物と年末。

鯛やタイ、たい~~!!

っと、威勢の良い声が響き渡る魚の棚の年末。

その動いてるのちょうだい!!

売る方も必死だが買う方もそれなりに必死?そのやりとりが面白い、これぞ関西の年末。

そんな年末の店頭で跳ねる鯛は、明石鯛ではなく養殖鯛(愛媛産)。

え~そうなんやぁ~!

なんで~魚の棚のにぃ明石鯛とちゃうネン!

そんな声もなくはない。

とはいえ、今の時期の1Kg以上の明石鯛は料理屋直行の高級魚、

そんなブルジョア鯛、いや、明石鯛を年末の店頭にドカ~~ンと並べて威勢良く売っても、ここでは売れない。

浜でも良い明石鯛があがると「うわぁ~」っと、いう声も聞こえるが、それは別世界、もちろんお金のある人はそっちへ行ってもろたらええんです(笑)。

魚の棚の年末はあくまで庶民のためのもの、それ故に活気がある。

庶民派ほど面白いものはない、これこそがおいらの追いかけているもの。

庶民の定義は美味くてお手頃価格、

その上、小難しい(笑)

ある意味、ブルジョアさんより厳しいかも(笑)

通用するのは、見栄ではなく本音のみ?

そこに網をかけるのだから当然、こちらとしても真剣勝負(笑)

活洲から鯛を取り出しお客さんの目の前で締めて店頭に並べる、

バタバタ~っと跳ねるとお客さんの目も奪われる。

そんな養殖鯛(愛媛産)は魚の棚の年末に欠かすことはできない必需品。

この時期はすでに店頭に毎日並べてますよってに・・

ちなみに松庄が年末に販売する焼鯛は今店頭に並べているのと同じ鯛。

安くて、美味い!・・ただ、見た目はちょっと悪いが・・

Nenmatutai4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真冬の太刀魚

1118tatiuo2

Tatiuosasimi202

猛烈な寒波、

今日(12/17)はシケで昼市はほとんどない。

この時期はシケが多いのだが、寒さが増すにつれ、年末の訪れを感じる。

その年末の主役のひとつブリ、

見るからに暖まりそうな脂の多いブリの切り身は、寒ければ寒いほど売れゆきは伸びる。

ところが、太刀魚となると・・

ピカピカと輝き確かに見た目は綺麗のだが、どこか寒そう?

それ故か、寒くなれば、何故か敬遠されてしまう。

ただ、この時期の太刀魚は脂ののりがバツグン、身の白さがそのことを証明している。

くせもなく、シンプルに刺身、塩焼、煮付けで・・

真冬の太刀魚、クリスマスの太刀魚?お薦めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブリ大根

Buridaikon

さて、いよいよ恐怖の?年末モード。年内は休みなし、というか休まない?

12月は特別でもやは風習のようなもの、

これを「ブラック企業!」と後ろ指を指す者はいない、

それどころか「いよいよ年末やなぁ~」っと、賞賛を浴びる?・・はずがない(笑)

そんな12月の花形的存在はブリ。

特に関西では年末、圧倒的な人気を誇る。

寒ブリと呼ばれるこの時期のブリは脂ののりもバツグンで美味い!

写真はおかんがお昼のまかないに作ったブリ大根。

ブリのうま味が染みこんで、いかにも冬らしい逸品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝 Pon-kotsu

松庄の従業員、山ちゃんこと山口がこの度、明石銀座通りに「Pon-kotsu」という居酒屋を構え、一国一城の主として夢を追いかけている。

元々同じスーパーの鮮魚部で働いていたのだが、おいらは退職し家業を・・

そして数年後、彼を引き抜いた。

長年のサラリーマン経験のある自分だからこそ分かる、そんな思いから、

サラリーマンの憩いの場となるような店にしたいと・・

お互い、これまでの経験から、「商いの難しさは勝つことではなく、勝ち続けること」ということを実感している。

まだまだお互い道半ば、これからも共に頑張っていきたいと思う、くたばるその日が来るまで(笑)

まずは、おめでとう。

Ponkotsu5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

売出しに関するお詫び

魚の棚歳末大売出し。売出し品目は毎年恒例の明石ダコ。

毎回、行列ができ好評なのですが・・

今年は明石浦ではタコが少なく、数が揃うかどうかを心配したところ、

あろうことか、猛烈な寒波でタコはおろか前ものは殆どなし。

初めてのことで戸惑ってますが、自然が相手ゆえ、やむを得ません。

大変申し訳ございません。

代替品として・・

●ブリ(愛媛産/養殖物5Kgup)1/6ブロック

通常1ブロック1300円を1000円

●活鯛((愛媛産/養殖物)

2000円を1500円

をご用意させて頂きました。

1202akashiura

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶりカマ、腹骨の塩焼

本日(12/1)魚の棚歳末大売出し初日、松庄の売出品目は「明石ダコ」

ところが・・

まさかまさかの強烈な寒波が・・なんでこのタイミングで・・

明日は大ジケ=タコは入荷は絶望的。

ってことで、今、代替商品を仲卸さんと商談。

店頭にて発表させて頂きます。

さて、今回はブリアラのお話。

当店でブリ腹を買って頂き、刺身用にとご注文された場合、↓写真(1枚目)の様にまでさせて頂きます。

もちろん、身の部分は刺身用にスライス。

で、カマの部分と腹骨をどうするか?

実は、この部分は知る人ぞ知る?最も美味い部分。

絶対にほかしてはいけません。

塩焼にすると超美味しいです!(写真2枚目、3枚目)

Buriharaset

Burikama

Buriharabone

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »