« ハリーポッター(USJ) | トップページ | 従業員が居酒屋を始めます »

黄金のハモ

Hamo162

この時期のハモは冬眠を前に貪欲にエサを食べるからか?丸々と太り脂ののりは最高潮に達する。

包丁を入れても脂でねとっとする。

にも関わらず「名残ハモ」とか「残りハモ」と呼ばれ、夏場からは想像もできないくらいのお手頃価格となるのは、その値打ちが分かっている者からすればおかしな話。

↑写真のハモ、どことなく身が黄色い、

これこそが脂がのっていることの証。

「名残ハモ」ではなく「黄金のハモ」と呼ぶべきではないかと・・

一押しは鍋。この時期のハモ鍋は最高。

簡単なところではお汁やお味噌汁の具として入れても・・

そして、この時期に多くみられる特大サイズ、

これは食べ応えはあるが、骨が太くて硬いので、天ぷら、フライ、から揚げがお薦め。

もちろん料理範囲の狭い分、お手頃価格。

ハモのシーズンもあとわずか、

今こそ最高のハモを味わおう!

|

« ハリーポッター(USJ) | トップページ | 従業員が居酒屋を始めます »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黄金のハモ:

« ハリーポッター(USJ) | トップページ | 従業員が居酒屋を始めます »