« 秋探しシリーズ第六話 紅葉鯛 | トップページ | 焼き鯛 »

鯛のアラ焼き

0907taiara

明石鯛の頭、

アラと呼ばれる部分だが、ここを馬鹿にしてはいけない。

煮つけ、塩焼なら最も美味しいと言われる部分、特にカマのところは絶品。

「兜煮」と呼ばれる煮つけが一般的だが、塩焼なら簡単だし、これで十分美味い。

松庄では鯛は丸っぽの状態で販売し、お求め頂いたものをその場で料理させて頂いている。

当然、アラは捨てないで付けておくので、アラだけの販売はない。

ところが先日、「アラは捨てといて~」っと、言われるお客さんがいた。

えっ、え~~?

たま~~にだが、こういったお客さんがいる。

捨てるのはもったいないので、塩焼にした。

※詳細はこちら

|

« 秋探しシリーズ第六話 紅葉鯛 | トップページ | 焼き鯛 »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/57302634

この記事へのトラックバック一覧です: 鯛のアラ焼き:

« 秋探しシリーズ第六話 紅葉鯛 | トップページ | 焼き鯛 »