« お盆の必須アイテム | トップページ | 夏の最高級魚、マコガレイ »

明石ダコの刺身

・・前の投稿の続き

おいら、タコを刺身で食べる時は、生のタコを熱湯にサッとくぐらせ、皮を付けたまま削いでいくという裏ワザ?を使う、

これだとやっかいな皮を削ぐということをしなくてもいい、超簡単、

お客さんにもこのやり方をすすめている。

満点☆青空レストランで明石浦の漁師さんが、とれたての明石ダコを手際よく刺身に捌いているのを見て・・

美味そ~~う!

嫁のリクエストもあって、晩飯のおかずにこのやり方でタコを刺身にしてみた。

まずは吸盤をまな板にくっつけ、皮を削ぎ白い身だけにする、

次に、身を薄く切っていく、

これこそが本流。

吸盤のところはボイルして、直ぐさま氷水でしめ、梅肉で食べるといいとのこと。

皮を削ぐことで見た目からもプリプリ感が伝わり、どことなく豪華にも見える。

うまぁ~~~!!

明石ダコの良さを一口で言うなら美食家でスポーツマン。

明石海峡はカニやエビといった美味しいエサが豊富で、また潮の流れも速い、

そこで育つタコはうま味があって身も引き締まっている。

まずは刺身でそのコリコリ感とうま味を味わって頂きたい。

0802takosashimi

0802miwa

|

« お盆の必須アイテム | トップページ | 夏の最高級魚、マコガレイ »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/56981245

この記事へのトラックバック一覧です: 明石ダコの刺身:

« お盆の必須アイテム | トップページ | 夏の最高級魚、マコガレイ »