« 「半夏生」の味覚 たこまつり(神戸新聞) | トップページ | 明石ダコvs輸入ダコ »

とれとれ明石ダコの美味しい食べ方

0620tako2

0620takosasimi

この時期の明石ダコは「麦わらダコ」と呼ばれとりわけ人気がある。

これからしばらくの間は、できるだけタコネタで勝負?

当店で販売するのは、もちろんとれとれのグネグネと動き回るもの・・タコも鮮度が命!

スーパー等では茹でダコが多いが、これは一旦冷凍したものを湯がいている場合が多い、

さらに、その多くは明石っ子にとっては禁断の?輸入物。

明石人ならタコには一手間かけることを惜しんではいけない、これが明石人としての嗜み?

一手間かけることで、その味わいはより一層深まり感動的なもの?なる。

まずは鮮度の良いタコを買ってきて、塩でもんでヌメルをとってから湯がく、

「邪魔くさぁ~~!」

っと、そんな声が聞こえてきそうだが、実はこの一手間こそが大切!

かつて、キリン一番搾りのCMで佐藤浩一さんが食べていたあの明石ダコを思い出して欲しい。

湯がきたてのアツアツのタコをふ~ふ~しながら食べる、これこそが極上の食べ方。

鮮度の良いタコは刺身で食べても美味しい。

ただ、刺身にする場合、皮をひくという作業が少々やっかいだ。

そこで、

↑写真は、おいらが湯がいたものだが、実はこれサッと(約1分くらい)しか湯がいていない、そのため、身はまだ半生状態。

それを刺身用にスライスしたものがその下の写真。

そうすることで、新鮮な明石ダコの持つプリプリとした食感、そしてうま味が楽しめる。

タコも焼き肉でいうところのレア?がお薦め!

これこそがとれとれの明石ダコならではの味わい方。

さぁ、タコの季節!

詳しくはこちら

|

« 「半夏生」の味覚 たこまつり(神戸新聞) | トップページ | 明石ダコvs輸入ダコ »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/56558820

この記事へのトラックバック一覧です: とれとれ明石ダコの美味しい食べ方:

« 「半夏生」の味覚 たこまつり(神戸新聞) | トップページ | 明石ダコvs輸入ダコ »