« 釣りアジ漁が本格的に・・ | トップページ | ついに買ったぞ~Taylor314ce »

川津海老、初入荷

0531kawatu

海は一気に夏モードへ・・

底ものではタコと並ぶ夏の人気者、川津海老(カワツエビ)が店頭に並び始めた。

冬場は砂の中にもぐっているが、水温が上昇すると砂から出てくる。これから夏にかけ漁はますます盛んになってくる。

甘みがあって、塩茹や茄子と炊いたり、刺身で食べても美味しい。

そして、なんといってもテッパンは「から揚げ」ではないだろうか、夏の暑い時期、ビールのアテには最高の逸品!

明石、淡路あたりでは「川津海老」と呼ばれているが、正式名は「サルエビ」。

では、川津とはどこからきたのか?

「遠くまで行かなくても川の近くの沖合で獲れるから・・川津」??

そんな説もあるようだが、どうなんだろう。

魚の棚ではとれたての川津海老が店頭に並ぶ。

中でも当店は、浜で買いつけたものを一旦活洲に入れ、活け越した後に店頭に出す、そうすることでうま味が増す。

さらには、販売直前まで活洲で活かされているので、店頭では絶えずガサガサと動き、中には飛び跳ねるような元気なのもいて、お客さんの目を楽しませている。

買うときのポイントは、ガサガサと動く様な活きの良いものを選ぶこと。

鮮度が落ちてくると黒くなってくる、この様なものはダメ。

最近はあまり見かけなくなったが、黒くなってきたエビにオレンジジュースをかけ、綺麗に見せる(ごまかす)、そんな魚屋や漁師も存在した。

もちろんこれもアウト!

同じカワツエビでも鮮度が異なればその味わいも異なる。

※川津海老のページはこちら

|

« 釣りアジ漁が本格的に・・ | トップページ | ついに買ったぞ~Taylor314ce »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/56358875

この記事へのトラックバック一覧です: 川津海老、初入荷:

« 釣りアジ漁が本格的に・・ | トップページ | ついに買ったぞ~Taylor314ce »