« サワラの刺身 | トップページ | 名札 »

海苔網下のナマコ

昨日(5/2)から明石浦では急激に水揚げが増えた。

その殆どは青ナマコ、とにかくもの凄い数。

その理由は・・

海苔網の下には沢山のなまこが隠れて?いる。

海苔の養殖が終わり、海苔網が海から引き上げあれると、漁師は一斉に網の下にいたナマコを獲りにいく。そして、わずか数日で取り尽くしてしまう。

この時期の青ナマコは魚屋の店頭に並ぶのではなく、加工屋に引き取られ、乾燥ナマコにして中国へ輸出されるようだ。

中国では乾燥ナマコは高級食材だそうで、特に日本産のものは価値が高いとのこと。

浜でも高値で取引されているので、漁師にとってはありがたいはなし。

つまりこれは日本ではなく中国需要の恩恵かと・・

日本と中国、政治的にはいろいろと難しいところもあるようだが、経済は別のところで動いている?

売れる物は売りたいし、買いたい物は買いたいというのがお互いの本音、そこに国家間のいざこざは存在しない。

だったら政治的にも上手くやれないものだろうか。

まぁ、ド素人の浅はかな考えではあるが・・(笑)

水揚げの殆どは青ナマコだが、赤ナマコもなくはない。

ただ、悲しいかな?年末、関西ではあれほどの人気を誇る赤ナマコも今は全く用がなく、中国人も振り向かない(笑)

この時期の赤ナマコは冬に比べ柔らかく意外といけるし、なにより圧倒的に安い!

ほんの数日間だが、これはビックチャンス?かも・・

この機会をお見逃しなく!

0504namako

|

« サワラの刺身 | トップページ | 名札 »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/56044695

この記事へのトラックバック一覧です: 海苔網下のナマコ:

« サワラの刺身 | トップページ | 名札 »