« 鯛漁始まる | トップページ | よおやく訪れた完全休養日 »

消費税に対する対応

4月1日より消費税が8%と値上げになった。

個人商店でしかも対面販売となると細かい金額の対応はできない、とうぜん内税となる。

この場合、便乗値上げか据え置きかで大きく分かれる。

分量を減らすというやり方もあるが、これはお客さんから「せこっ!」と受け止められかねない。

そうなるとマイナスのイメージを与えてしまうので、ここは店としては避けたいところだ。

当店は「価格据え置き」

仕入れ先からはもちろん8%の消費税を請求される。さらに店の売上からお支払いする消費税(税務上はお客さんから預かっているという解釈)も増額。

つまり、据え置きは=値下げを意味する。

魚の棚では据え置きということで頑張る(企業努力で乗り切る)という意思を示した店が多いようだ。

↓神戸新聞記事(4/2)

0402kobe

|

« 鯛漁始まる | トップページ | よおやく訪れた完全休養日 »

お店での出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/55638426

この記事へのトラックバック一覧です: 消費税に対する対応:

« 鯛漁始まる | トップページ | よおやく訪れた完全休養日 »