« いかなご解禁10日目、潮が弱い | トップページ | いかなご中盤戦 »

今年の新子は最初からデカイなぁ~

130226ikanago

↑は昨年の解禁日のいかなご、3㎝位と小さい。このサイズのものを期待した人は多かったのではないだろうか。

特に達人と呼ばれるベテランさんは・・

ただ、今年は解禁直後は既にこれよりも大きく、店頭でも「大きいなぁ~」っと、期待を裏切られた?ような声も・・

これには理由がある。

昨年の解禁日は2月23日、今年はそれより約一週間遅い28日。

成長の早さは昨年並みとのことだったので、解禁日を自粛で遅らせたことで、それだけ大きくなっていたのではないだろうか?

では、何故、遅らせた?

今年は不漁予測。豊漁の日もあるが、全体としてはやはり少ないのではないだろうか?そんな気がする。

小さいうちから獲ってしまえば、後々まで獲れなくなる、ましてやピーク時に獲れないとなると誰もが困る、そのことが危惧されたのではないだろうか。

その成果なのか?比較的順調な水揚げが続き、お客さんもお求めやすかったのではないだろうか。

思い出して欲しい、数年前の超不漁の年のことを・・

1Kg3000円というような悪夢の様な?値段、

それでも渋々買って下さったお客さん、いかなごはもはや高級魚という言葉も飛び出した。

あの年はお客さんはもとより漁師、魚屋、皆がさんざんな年となった。

そのことがきっかけで?資源保護に対する意識はより強まったような気もする。

やはり、いかなごというのはある程度の漁があってこそのもの。

漁師、魚屋、お客さん、皆がそこそこに満足できるカッコがベストではないだろうか。

そのためにも一定の理解が必要なのではないかと・・

|

« いかなご解禁10日目、潮が弱い | トップページ | いかなご中盤戦 »

いかなご」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/55329324

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の新子は最初からデカイなぁ~:

« いかなご解禁10日目、潮が弱い | トップページ | いかなご中盤戦 »