« ハモ祭りやぁ~!! | トップページ | ハモは大きい方が良い? »

沢山の一本釣漁船

1112oki

昨夜からの風もおさまり、大阪湾海上交通センターのレーダーに明石海峡付近で漁をする沢山の一本釣漁船が写っている。

主にサワラや太刀魚漁ではないかと・・

底引網漁は主に夕方から深夜にかけて行われるが、一本釣漁は夕方と朝に行われることが多い。

何故か、この時間帯は魚が海面付近に上がってくるのでよく釣れるのだそうだ。

とある漁師は「商売のできる時間」といっていた。

船は11時半から始まるセリに合わせて港に戻る。

とれたての魚はその場でセリに掛けられ、最速最短で魚の棚に持ち帰り店頭に並べられる。

セリが終わるのを待たず、途中で何度も運ぶとういうのが当店のやり方、

早ければ12時過ぎには第1便目が店に到着する。

鮮魚、いや生きた魚となると、それは毎日が時間との闘い、

時間を征せなければおそらくこの世界では勝てない、或いは脱落してしまう?

それゆえ、イラチ、良くいえば気が前に向いている?そんな人が多い気がする。

のんびり、それは敗北を意味するのかもしれない、そんな悲しい?悲惨な?

いや、やりがいのある仕事?・・自分にはそう言い聞かせておこう(笑)

|

« ハモ祭りやぁ~!! | トップページ | ハモは大きい方が良い? »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/53909377

この記事へのトラックバック一覧です: 沢山の一本釣漁船:

« ハモ祭りやぁ~!! | トップページ | ハモは大きい方が良い? »