« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月に作成された記事

メイタガレイの季節

1020meita

カレイの王様、メイタガレイ。

旬は夏、夏のものは丸々とよく肥え上質なのだが、お値段のほうが、どうしてもそれなりに・・はっきりいうと高くなる。

料理屋さんからは重宝されるが、一般の素人さんにはあまりウケない。

夏が過ぎ、これから春頃まで水揚げが多くなる。

ただ、旬を離れていくほどに癒やせてくるので、いくら安くても痩せすぎたものはどうかなぁ~っと・・

ところがだ、

↑写真をご覧あれ、これは昨日(26日)浜で買いつけたもの。

そこそこ肥えている。水揚げも増え始め相場も少し落ちついてきた感じ。

質、値段、どちらもどこか中途半端だが、この中途半端な時期こそがベストなんだ!

煮付けや唐揚げならこれぐらい肥えていればもう充分、いや充分すぎる。しかもお手頃価格でお求めやすいときている。

このお値段でこの内容ならかなりお値打ちの逸品!

「上質に越したことはないが値段も気になる」それが一般大衆の嘘偽りのない気持ち?

そんな大衆がこよなく愛すのが美味い大衆魚。

もちろん大衆魚というからには値段は無視できない。高ければそれは大衆魚ではなく高級魚。

当店が追いかけているのはあくまで大衆魚。中でもとりわけ明石物。

圧倒的人気を誇る大衆魚の王様?秋の秋刀魚も他地区の魚なので扱わない。

そう、へんこな奴なんだ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カワハギ~マルハギ?

先の投稿にもあるが、ここらへん(明石あたり)ではカワハギのことをマルハゲという。

ただ、悪いことに、ハゲは「おいこらハゲ~!」みたいな感じでバトル用語としても使われる。

もちろん、断じてハゲと言わない人もおられる、もう、おわかりだろう(笑)

魚屋が店頭でお客さんにハゲを売り込む時は「ハゲ安いよぉ~」これが一番しっくりとる。

では何故、カワハギのことをマルハゲと言うのだろう?

こんな仮説を立ててみた。

正式名はカワハギ。これは簡単に皮が剥がせる、そんなところからきているようだ。

カワハギにはウマズラハギとマルハギとがある。↓写真はマルハギ。

マルハギはスーパー等では皮を剥いで売られのが一般的。

マルハギが丸裸にされて売られているからマルハゲ?、或いは見た目がまるでツルっパゲの様だからマルハゲ?

原型(写真左)はカワハギ(マルハギ)と呼ばれるが、その皮を剥がされることで(写真右)マルハゲと名前が変わる?

一般の人が目にするのはその殆どが皮を剥がされたもの、つまりマルハゲ。それ故、いつしかマルハゲが標準名になってしまったのではと推測する。

この仮説通りなら、当店で販売しているのは全てカワハギということになる。

ただ、おいら、忙しいので、この仮説を実証しようとは思わない(笑)

↓写真の様に皮を剥げば別人のごとく?綺麗になるのので、スーパーさんが剥きたくなる気持ちもよく分かる。

流石に生きたものにはかなわないが、死んで乾いてしまうと見るも無惨。

ただ、これはあくまで見た目の問題で品質がどうのこうのではない←ここ大切!

1023kawahagi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハリイカの煮付け

1022hariika

ここ最近の定番?ハリイカ。甘くて柔らかい、またお値段もお手頃。

まずは刺身で・・残りは塩焼、天ぷら等々なんにでもあう。

写真はおかんがお昼のサイドメニューに作ったハリイカ煮付け。

小芋もコンニャクと炊いても美味いと・・

最近、スーパーでもお総菜が人気している。

手軽で便利、悪くいえばズボラな人を狙い撃ち?(笑)

しかし、スーパーのお総菜は見た目は美味しそうでも、素材には疑問が残る・・

明石の魚を使ったものなどまず目にすることはない。

やはりご家庭で地魚を美味しく味わうには一手間加えるしかない、

めんどくさがっていては本当に美味しい物にはありつけない。

美味し物を食べると、無意識に会話が和む。これは綺麗な風景を目にすれば心が癒やされるのと同様、本能的なことのようだ。

店の食堂に山盛りあったハリイカの煮付け、完売、いや完食されていた。

美味いものに理屈はいらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明石の小料理屋

近所の居酒屋さんでよめと一杯。

写真は、今、明石で最盛期を迎えているマルハギの煮付け。

メニューに地魚があるとローカルな感じで嬉しくなる。

こういった旬の明石物を使う店は好きだ。

なにも高級魚である必要はない、仕事帰りに一杯、むしろ大衆魚のほうが風情があっていいし、みょうにその方が気持ち的にも落ちつく。

お酒に魚はほんとよくあう。

毎日売ってる明石の魚、それでも料理屋では明石物を頼んでしまう。もちろんなければ別だが(笑)

刺身は鮮度が勝負。ところが煮付けとなるとその味付けは店によってマチマチ。

より素材をいかせたいのであれば薄味、でも薄味過ぎても物足りないし・・

そこが料理人の腕の見せ所で面白い。

美味しい魚を食べに明石に来られる人は多いと思う。

ただ、明石に来られる人が本当に求めているのは美味しい魚ではなく、美味しい明石の魚ではないだろうか。

名の通った高級料理店もいいが、こういった路地裏といっては失礼かもしれないが、小料理屋さんで見逃せないお店はけっこうある。

いや、むしろこの様な店の方が明石物にこだわっているという気がする。

但し、見逃した方がいいようなお店もあるので、そこは気をつけよう!(笑)

1021tanihara

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明石の元気バンド まっちゃんBAND

まっちゃんBANDは結成当時、親父バンドというのをウリにしていた?

「こんな親父でもまだまだ若い者には負けるかえ~かかってこ~~い!!」みたいな・・(笑)

でも最近はバンド内でも親父バンドという言葉はもはや死語?身内からも元気バンドって言ってもらえる。

若さとは年齢ではなく、気持ちの持ち方なのだ!

でも、親父バンド?悪くないなぁ~←どっちやネン!

仕事という社会的責任をキチッと果たしながら、或いは果たしてきた?そんな親父が、ボチボチゆとりを持って生きる、バンドはひとつの証なのかもしれない。

若かりし頃、どこか反社会的でマイナーで変わり者的なイメージのロック生活?も、

親父になった今やると、どこかポジティブで健康的で明るく楽しい、そんなイメージに変わった気もする?(笑)

おいらも、まだまだこれからだが、ある程度の社会的責任は果たしてきたつもりだ(笑)

今こそ、思う存分心からロックを楽しみたい!

もう誰にも遠慮はいらねぇ~

金もいらねぇ~?←いや、それはいる(笑)

↓10月14日Pochiにて・・

Pochiband2

Pochimatu50

Pochijun

Pochitomo

Pochioutani

Pochiinoue

Pochiokedoi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カワハギ大漁!

緊急速報・・カワハギ大漁!

今週末はこいつで決まり、まさに今が最盛期、よく肥えてキモもバッチリ!

「同じカワハギでも瀬戸内の物は一味違う!」

明石の魚屋だからではない、実際食べてみると確信が信念?に変わる(笑)

カワハギは海水温が下がると獲れなくなるので、本格鍋シーズンの頃には前物は姿を消してしまう。そこからは他地区物の出番?

最近、急に寒くなってきたので一足早めの鍋はいかがでしょう。

でも、お薦めはやはり煮付け。刺身でもOK!だがこれは技を要す。

ところで質問・・

魚って食べたいときに食べたい魚を食べる?

答は×

正解は自然に身を任す。

つまり・・

今が旬でなおかつ大漁の魚を狙う!

旬=美味い、大漁=お手頃価格となる可能性大。簡単な図式?

天然物は水揚げ状況が日によって異なり相場も安定しない。

それ故、予め「今日はこの魚を買おう」っと決めてしまうのではなく、その日のお値打ち品を見つけるようにするのがいいのではと・・

おいら、毎日、浜へ出向きセリ台に立って魚をセリ落とすが、これを店では「仕入れ」ではなく「買い物」といってる。

つまり、お客さんが店頭で魚を買うのと同じ感覚?

その日の状況に応じてより値打ちのある魚をチョイスし買いつける、つまり出たとこ勝負。

この方がよりお客さんに近い感覚、お客さんが求めるであろうところに近づいた買付ができる気がする。

多少のリスクはあるが、長年の経験から「出たとこ勝負に勝る物はない」と・・

Maruhagi10182_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明石のロック魂!まっちゃんBAND Live at Pochi

まっちゃんBAND Live at Pochi

女子二人、歌力に加え華やかさもますますパワーアップ!

まっちゃんBANDというよりも"ジュンちゃん&トモちゃんwithまっちゃんBAND"みたいな?そんな感じになってきたかも・・

これからも、もっともっと皆さんに楽しんで頂ける、そんなバンドを目指して練習を積み重ねていきたいと思います。

ヨロシク!

Photo by 奥村 昭彦(FB)

1015pochi3

1015pochi10a

D_1015pochi8

D_1015pochi4

1015pochi11a

ゲストはブルーバーズ★スペシャルバンド↓

1015pochiblue2

1015pochiinfo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんとこいまつり

1013danseikai2

今日はあちらこちらで秋祭りが行われている・・

魚の棚にも恒例の岩屋神社と稲爪神社のお神輿がやってきたようだ。

明石公園では「どんとこいまつり」

もの凄い賑わい。

男盛会もブースを出店しているので、おいらも朝の段取りを済ませてお手伝いに駆けつけた。

唐揚げ、ポテトフライは大行列、お昼過ぎには完売!

昼間のイベントでこれだけ行列ができたのは最近は少なかったような・・

ただ、今日は連休中日とあって商いもかき入れ時、完売を目前に途中で仕事に復帰。

お昼過ぎ、再び魚の棚、流石?連休、沢山の人で賑わっていた。

ただ金・土とシケというのもあって、少し物足りない様な売り場になってしまったが、ここは自然が相手の商売ゆえやむを得ないのでお許し頂きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まっちゃんBAND Live at POCHI

さて、いよいよです!

まっちゃんBAND Live at POCHI(ライブハウス&レストラン/明石)

10月14日()19:30~

ゲスト:ブルーバーズ★スペシャルバンド

1014pochi

Pochi

0909band

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミニコミ誌「うおんたな」第21号Web版

ミニコミ誌「うおんたな」第21号Web版が魚の棚のホームページにアップされました。

こちらからご覧頂けます。

1012minikomi_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の三連休

1012gps

さて、いよいよ三連休。あちらこちらで秋祭りも行われるようで・・

↑は大阪湾海上交通センターの出している操業漁船情報。

一部海域の情報だが、ここから他の海域にも沢山の漁船が出漁していることが推測できる。

秋の味覚をぞんぶんに楽しもう!

ちなみに、今日(12日)、明日(13日)と明石公園では「明石城まつり・明石子午線どんとこいまつり」が行われる。

上の丸男盛会も明日はブース出店にて参戦?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

禁煙まで道のり

魚屋=タバコ・・ある時期までこれって業界の常識?

タバコをスパスパやりながら「まいど~!おきに~!」

お客さんもなんの抵抗もない、むしろ活きの良さと受け止めてくれた?そんな古き良き時代。

ところが時代は激変した!

加えタバコをしての接客は許されるものではなくなった。

当然、当店も店頭(店内の作業場も)でタバコを吸うのは社長命令で禁止!

誰も逆らわなかった、あたりまえ!

ちなみにおいら個人としては、車はもちろん家でのタバコもよめに許されない。事務所でも迷惑がられる始末。

じゃ~どこで吸っていたのか、

ひとつは飲み屋、酒とタバコ、たまんないねぇ~

そして、もうひとつは浜、つまり明石浦のセリ場(セリ中)。

タバコをスパスパやりながら指を出すのは買付人の定番中の定番スタイル?

ところが、ここでも徐々に禁煙ブームがおこり、おいらもその波にのまれていった。

そして、ある日・・

セリ場での喫煙禁止令が出された。魚屋からタバコを取り上げる、これって画期的なことかもしれない。これには禁煙ブーム?という後押しもあったかもしれない。

おそらく、喫煙ではなくポイ捨てが問題だったのだろう。

まぁ、禁煙成功者のおいらにとってはありがたいことだ。

さて、店だ・・

愛煙家の従業員にとって最後の聖地?と呼べるのが食堂。ここが勤務中にタバコが吸える唯一の場所。

実はパートも含め当店には愛煙家が多い。

おいら、ここまでくればいっそ、店内全てを禁煙にしようと考えていた。

実際、食事中に横でスパスパやられるとうっとうしい。

ただ、これにはさすがのよめもおかんも難色を示した。

「なにもそこまでしなくても~、ちょっと一息つくくらい、べつにええんとちゃうん」

おかんにいたっては、休憩時間前にわざわざ灰皿を出す始末。

おいら性悪で、灰皿を隠してやってら、わざわざ別のものが出されていた。せっかく灰皿洗う手間省いてやったのに~!

灰皿を見ると、そんなに沢山吸ってるわけでもない。

となると「これぐらい我慢でけへんのかぁ~!」っとよけいに怒りの気持ちがこみ上げる(笑)

以前、よめはおいらに「あんたが吸ったタバコの煙で癌になりたくない!」っと・・(笑)

今度は逆の立場で、「じゃあ、従業員はいいのか!」っと、そんな屁理屈をいえなくもない。

結局、ここは強行突破!店内における全ての場所を禁煙にした。

文句は出なかった、いや、出せない空気が漂っている。

逆らうと倍返しになるってことを、従業員さんはよ~く知っている、エライぞ!(笑)

そんなわけで、当店では店内のいかなる場所でもタバコは吸えない。ただ、バンドの練習時は禁煙場所を設けてある、これは仕事外なので・・

ちなみに・・某魚屋、時折店頭でかき氷食べてるけど、これってタバコよりアカンやろぉ~(笑)

1009kinen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まっちゃんBANDスタジオにて・・

まっちゃんBANDスタジオ?を解放!

練習しているのは、おいらの元?相棒、係長が参加する明石市役所職員さん中心のロックバンド。

10月25日ポチで市職員さんによる合同ライヴがあるということで、そのための練習なんだそうだ。

職場ライヴとはなんとも羨ましい。

ってコトで、おいら見学させてもらった。

ドラムとベースは女子。男前なベースに加え、女性らしい丁寧なドラム、そこに男子の力強いボーカルと係長の自由なギターが加わる。

女子ボーカルに男子の演奏というのは多いが、逆パターンのこの編成、面白い!

荒削りな演奏もかえってカッコいい。

このバンド、なんかギャプの様なものがあって見てて凄く楽しい、なかなかええです!

Oke2

Oke1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨーデル食べ放題

10月14日(月)

まっちゃんBAND Live at POCHI(ライブハウス&レストラン/明石)

詳しくはこちら

前回同様、ゲスト?対バン?はブーバーズ★スペシャルバンド。

ところで、皆さん、桂雀三郎withまんぷくブラザーズの「ヨーデル食べ放題」という曲をご存じでしょうか。

ここでマンドリンを弾いているのがブーバーズのエルエール田中さん。

ではどうぞ・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

活け締めの絞太刀魚

以前、このブログでもご紹介させていただいた明石浦の活け締めの太刀魚→こちら

神戸新聞(10/5)で、鮮度管理の新たな手法として大きく取り上げられていた。

余談だが・・

一般のお客さんにはあまり意識されていない部分かもしれないが、魚というのは漁師においても魚屋においても「扱い方」というのが非常に大きなウエイトをしめている。

同じ魚でも扱い方が変われば別物になってしまうといっても過言ではない。

セリ場では魚を持って歩いている魚屋はいない、みな走っている。 歩いていると罵声を浴びせられかねない?

これもまた品質管理なのかもしれないしれない。

それ故、魚屋というのは気が先走っているような人でないと務まらないかも・・

そのせいか、やたらイラチの人が多い、おっとりな人には悲劇?な業界かも・・(笑)

1007fumio

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マルハギの季節

Maruhagi10052

関西?明石・神戸あたり?では、「アホ」は愛情が込められていることもあるが、「ダボ」はもはやバトル用語でしかない。そして、このダボに続くのがボケ!であったりハゲ~!であったり(笑)

ところが困ったことに、ここらでは(どのあたりまでかは分からない)マルハギのことをマルハゲという。

スーパー等ではたいていは皮をむいた状態で売られている。そのままでは見た目がよくないが、皮をむくと、これが驚くほど見た目がよくなる。

その姿がどこかツルっぱげの様なので、マルハゲと呼ぶようになったのだろうか?

いずれにせよ気をつけていわないと、取り返しのつかないことにもなりかねない(笑)

事実、当店でも「ハゲこうて~」って呼びこんでて、

「俺のほう向いていうなっ!」っとお叱りをうけたことも・・(笑)

どないやネン、ハゲ!←バトル用語としての使い方例

ところで・・

そのマルハゲ!もといマルハギ、今、明石では水揚げが最盛期を迎えている。

よく肥えているし、キモもバッチリ入っている。

マルハギといえば冬の魚というイメージがある、それは鍋に使われることが多いからだろう。

しかし、マルハギは寒さに弱い魚、寒くなると温かいところに移動してしまうので、明石では冬には水揚げが激減する。

明石ではマルハギは秋の煮魚の代表格。

同じマルハギでも九州あたりから入ってくるものと、瀬戸内のもとではくらべものにならない。

さらには、とれたてが手に入るので、刺身にしても美味。もちろんキモも刺身で!

ただ、マルハギの刺身を家で作るとなると、これは腕がいる、素人さんには難しいかも。

一方、料理屋さんにとってはおいしい(儲かるって意味)魚な気もする(笑)

ちなみに、魚屋ではなかなか刺身にまでは捌いてくれない。

当店も皮をはぐところまで。それ以上すると手が回らなくなる。

「暇なときはやってあげる」というような曖昧なルールにするとかえって混乱を招きかねない。

もし刺身にまでしてくれる魚屋がいるなら、そうとう親切か或いは手間賃込の値段かどちらかだろう。

ハゲの煮付を味わうのはまさに今!っていうか今しかない!

※詳しくはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーモニカ横町

1002morisin2

魚の棚のマフィン屋の姉さんが、ハーモニカ横町(明石観光道路)に「マフィンと・もしりんと・ぎょうざと・」という名のぎょうざ屋?をオープンしたとのこと。

そこで、山口(従業員)とお祝いがてら行ってきた。

季節もよく、路上で一杯やるってのも風情があっていいものだ。

明石もなんか面白くなってきてる。

ちなみに営業日は「だいたい月・火・水」と書いてあった。

こういうノリ好きやなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »