« 暇つぶし的に観た映画だったが・・ | トップページ | ミニコミ誌「うおんたな」特集、歴史の足跡を探る!第二弾! »

半夏生のタコvs土用丑の鰻

何故、土用丑に鰻を食べるのか?

ガリレオの湯川教授(福山雅治)風にいえば・・

さっぱりわからん

これから土用丑に向け相場はあがる。しかも、その多くは養殖物で特に夏が旬というわけでもないし、最近は相場の高騰からか?冷凍物(主に中国産)も目立つ。

※生:生から手間暇かけて何度もタレをつけて焼いたもの。
冷凍物:タレ漬けして冷凍されたものを解凍し温め?焼き?直したもの。

「土用丑に鰻を食べる」という風習は、江戸時代、平賀源内というお偉いお方が、とある鰻屋の親父に、

「夏の鰻は痩せていて売れ難い、なにか良いアイデアはないものだろうか」

っと相談をされたところ、

「本日土用丑の日」という貼り紙を店に貼っておけば!

っと、今でいうキャッチコピーを提案したところ、これが大当たり、

他の鰻屋も真似るようになり、今日に至っているというのは有名な話。

本来、「う」のつくもだから、"鰻"ではなく"うどん"でもいいのだが、

夏の暑い時期、夏バテ防止というところから栄養価の高い鰻がうまくはまったのかもしれない。

ただ、この夏バテ防止という点では明石ならタウリンが豊富なタコもあてはまる。

しかも、この時期のタコは「麦わらダコ」と呼ばれまさに旬、

「半夏生にタコを食べる」この方が「土用丑に鰻を食べる」よりも理にかなっている。

源内の土用丑作戦?

「本日土用丑の日」ではなく、「本日土用丑の日 平賀源内」

っと、平賀源内が強調されていたのではないかという気がする。

「本日土用丑の日」だけで庶民が反応したというのは考えにくい。

これは現在のマーケティングでいうイメージ戦略のなのかもしれない。

鰻のことなら、源内より鰻屋の親父の方が詳しいはず、

源内のキャッチコピー・タレント性?と鰻が上手くコラボされた。

平賀源内という人物の社会的評価と、その知名度を上手く利用した鰻屋の親父の勝利である。

ちなみに・・

今年の土用丑は今月22日(月曜日)。

スーパー等の鮮魚売り場では、年末に次ぐビック市場だが、当店では鰻は扱わない。

通常通り明石物で勝負!

明石ダコがどこまで鰻に対抗できるか試してみるのも面白い。

Gennai

vs

Akashi7top

|

« 暇つぶし的に観た映画だったが・・ | トップページ | ミニコミ誌「うおんたな」特集、歴史の足跡を探る!第二弾! »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/52442462

この記事へのトラックバック一覧です: 半夏生のタコvs土用丑の鰻:

« 暇つぶし的に観た映画だったが・・ | トップページ | ミニコミ誌「うおんたな」特集、歴史の足跡を探る!第二弾! »