« トライやる・ウィーク2日目 | トップページ | ハーティーソングチャリティー »

年に一度の活洲掃除

年に一度の活洲掃除。

これから夏に向けますます魚が増えてくるので、今のうちにやっておく。

海水を全て抜き、濾過槽の砂を取り出して洗うのだが、濾過槽の砂は水道水では洗えない。

水道水で洗うと砂に付着しているバクテリアが死んでしまう。このバクテリアは活洲に必要不可欠なもの。

そこで、砂を浜(明石浦)に持っていき、組合が設置している海水ポンプを使わせてもらって洗う。

今回は、トライやる・ウィーク中の学生さんにも手伝ってもらった。

もちろん、最初からアテにしていた(笑)

濾過槽の砂をしっかりと洗ってやらないと、濾過機能が低下する=魚が死にやすくなる。

水槽で死んだ魚のコトを業界用語?で「アガリ」という。

アガリは廃棄する以外道はない、つまりロス(損)。

魚の相場が下がった様な時は、大量に買付、活洲に生かせておきたいというのが魚屋の常?かもしれないが、このアガリが恐い。

00605try

00605try2

|

« トライやる・ウィーク2日目 | トップページ | ハーティーソングチャリティー »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/51915722

この記事へのトラックバック一覧です: 年に一度の活洲掃除:

« トライやる・ウィーク2日目 | トップページ | ハーティーソングチャリティー »