« テレビ大阪番組ロケ | トップページ | 今日からトライやる・ウィーク »

海は夏モード、ハモ編

休日の午前中、明石小PTA主催の救急法講習会に参加。

おいら、これまで、てっきりAEDの使い方さえ知っていればそれでいいのかと・・

しかもAEDには音声ガイダンスがついてるし・・

ところが、AEDはあくまで補助機で心肺蘇生を行わないと意味をなさないものということをこの歳にして今更ながらに学習。

でも、今日、学習したので万が一の時はお任せ下さい、たぶん大丈夫かと・・(笑)

0531pta

さて、話を本題に移そう・・

いよいよ海は夏モード。

鯛、タコに加え、底ものではカワツエビやハモ、回遊魚(青もの)ではアジやサバといった魚が増えてきた。

これから浜は一年でも最も活気づく季節、魚に追われる日が続きそうな予感。

需要過多から供給過多へってとこだろうか。

で、今回は、夏に根強い人気があるハモ。

祇園祭や天神祭の頃、人気絶頂となる。

生命力が強く腐敗し難い、夏バテ予防にも効果がある。

そのためか夏の魚というイメージが強い。

ハモを買い付けた次の日の朝は早い、何故か?

ハモは他の魚同様、生きた状態で浜から持ち帰るのだが、捌くのにかなり手間暇がかかる(時間がかかる)、販売時はとても捌くだけの余裕はない。

そこで、一旦活洲に生かせておき、翌日、手のある朝に捌いてしまう。

どう猛な奴で絞めるときは気をつけないと、ガブっとやられる。

鋭い歯に加えアゴの力は体をくねらせることでさらにパワーアップする。

しかも、ヌルヌルしているので掴み難く、掴む場所を間違えると、たちまち襲いかかってくる。

エラの後ろあたりをビビらず一気に掴むのがコツ、ビビればビビるほど、奴はなめてくる。

ここは、おいらは従業員に任せ、くわばらくわばら・・(笑)

そんな奴も開いてしまうと、↓写真の様になんとも綺麗な身をしている。

湯引き、鍋がお薦め。

0601hamo

0601hamohiraki 

|

« テレビ大阪番組ロケ | トップページ | 今日からトライやる・ウィーク »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/51866950

この記事へのトラックバック一覧です: 海は夏モード、ハモ編:

« テレビ大阪番組ロケ | トップページ | 今日からトライやる・ウィーク »