« コミセン所長さんのいいお話 | トップページ | 麦わらダコがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! »

青魚の季節

130624aji

明石では、海水温が上がってくると、アジやサバがやってくる。これらの青魚と呼ばれる回遊魚は底曳き網ではなく釣りで捕獲される。

釣り物は、一匹づつ丁寧に捕獲されるので破損?(身がスレていない)が少なく、良い状態で水揚げされる。見た目も綺麗だし、特に刺身に適している。

そして、刺身に欠かせないのはなんといっても鮮度。

明石ではとれたてのものが店頭に並べられる。

これは明石が産地であり、同時に消費地でもある、さらに昼にセリが行われるなど(他にもあるが・・)いろんな好条件が整っているが故に実現している。

一見なんでもないようなことだが、全国でも極めてまれなことである。

サバの刺身なんて、そう食べられるものではない。

明石っ子にとっては「とれたてなんてあたりまえ!驚くことはなかれ」

そんな声も聞こえてきそうだが・・

では、スーパーに明石物が少ないのは何故?

いや、料理屋でも明石物にこだわっているお店はおいらの知るかぎり一握りしかない。

宝の持ち腐れとしかいいようがない。

明石力を頭では分かっていても、どこか信じていないのかも。

それとも他に何か理由が・・(笑)

写真はアジの刺身。昼市で買いつけたとれたてのもの。

アジは味なりといわれるくらい、鮮度の良い物は鯛に勝るとも劣らないといわれている。

また、嬉しいことに、青魚は血液サラサラ、中性脂肪値の低下、動脈硬化をはじめとする生活習慣病の予防にも効果があるといわれている。刺身で食べるのが効果的なんだそうだ。

|

« コミセン所長さんのいいお話 | トップページ | 麦わらダコがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/52162427

この記事へのトラックバック一覧です: 青魚の季節:

« コミセン所長さんのいいお話 | トップページ | 麦わらダコがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! »