« 天然鯛、養殖鯛、いったいどこが違う? | トップページ | 一日理事長さん、ごらいて~~ん! »

明石人として嗜み(明石ダコ編)

明石といえばタコ(真ダコ)、その品質は日本最高峰として賞賛されている。

ちなみに、市民が選ぶ明石の「たからもの」(広報あかし)では5位、

意外と財産度低い、てっきり1位かと・・

でも、他地域の人に同じ質問をすると、間違いなく1位はタコか玉子焼きになるにちがいない、他地域の方、いかがですか?

グネグネと動く生きたタコを買って帰り、それを手間暇を惜しまずに塩で揉んでヌメリを取り、茹でたり唐揚げ、上級者なら刺身にする、

これが明石人として嗜みってものだ!

同じ明石ダコでも、「わしは二見のタコしか食わん!」「いや、林崎や江井ヶ島のは二見ダコに匹敵する!」「なにいうてんねん、明石もん=明石浦やっ!」

そんな論争があるのかどうかはわからないが、それほどタコにはうるさい地域であることはたしかだ。まちがっても他地域、特に外国産のタコに手をつけることなどない!?

.............っと、言いたいところだが、現実は・・

生ダコはたしかに地物が多いが、茹でダコとなると、スーパーでは外国産の方が幅をきかせているような気もする。

悲しいかな?お膝元の魚の棚でも「これ、どこからどう見ても外国産とちゃうん?」ってのがあったりも・・

明石産の茹でダコは外国産と比べると値段も高く売れにくい?しかも、こともあろうか見た目もどこかづづ黒くありまよくない。

しかし、その味はとなると・・これはもうだんぜん違う!

そこを訴求するのが明石の魚屋ってもの!

瀬戸内海に面する岡山産や大阪湾の泉佐野のタコと比べるならまだしも(それでも明石産が勝っている)外国産との比較なんて話にならない。

ちなみに、明石ダコというのはけっして柔らかいというわけではない。むしろ歯ごたえがあるので、よく噛まないといけない。

でも、そこがポイント。噛めば噛むほどに味の出るヤツなのだ。

余談だが、

とある玉子焼き(明石焼き)屋で、「これ明石ダコとちゃうやろ~」って言うと、

「なにいうてんのん、明石ダコ使こてる店なんてあるかいなぁ~」っと、あっさり・・(怒)

「だぼかぁ~!明石ダコやない店の方が珍しいやろぉ~」・・っと心の中でボソッ

※だぼはアホと類義語だが、アホは愛情表現でもあるのに対して、だぼはバトル用語でしかない。

とにもかくにも、明石人なら明石ダコ!!

明石ダコは市民の財産!

130422tako

|

« 天然鯛、養殖鯛、いったいどこが違う? | トップページ | 一日理事長さん、ごらいて~~ん! »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/51318844

この記事へのトラックバック一覧です: 明石人として嗜み(明石ダコ編):

« 天然鯛、養殖鯛、いったいどこが違う? | トップページ | 一日理事長さん、ごらいて~~ん! »