« よ~いドン!魚の棚ロケ | トップページ | きょうの健康5月号 »

魅力ある大衆魚(メイタガレイ)

130414meita

今の時期はただでさえ魚が少ない。種類も水揚げ量も。その上、先週の金、土と風が強く、魚も少なかった。

今(4/14 16時現在)も波浪注意報がでている、明日もあまり期待できそうにないかも。

そんな中、まだまとまった水揚げがあるのがメイタガレイ。

夏が旬で、これからますます肥えてくる。

が、しかし、お薦めは今!

というのは、夏には水揚げが少なくなってくるので、高級魚となってしまう。

「このお値段でこの内容なら大満足!」というのが大衆魚の王道!

おいらが日々追い求めるのは「魅力ある大衆魚」。

高級魚はあまり興味ない(笑)

やはり値段というものは無視できない、それがお客さんの心理ってもの?

かといって、安けりゃそれでいいといものでもないしぃ。

お客さんの心理ってほんと複雑。

品物、値段はもちろん、愛想や元気、明るさ、信頼感といったものもあるだろう、

それが無意識の中で総合的に判断される。

この心理をつかんだ者こそが商を征せられるのだが、そんなに簡単なものではない。

よく見かけるのは独りよがり?な人。

持論(たいていは持論というよりも思い込み?)も大切だが、それがいきすぎてか、肝心の目の前のお客さんを見失っている(見ようともしていない?)、どこかズレテルって感じ(笑)

でも、それでやっていけるのだから、それはそれで幸せな奴なのかも(笑)

商いは、理屈ではなくセンス(感覚的なもの)に委ねられるところが多い気がする。

ただ、それは経験からのみ得られるもので、答えのない永遠の課題かも・・

おいらにとって、良い(尊敬できる)商人とは、理屈や批判、銭儲けではなく、ビジョンやこだわりを語れる人。

↑写真は昨日、浜で買い付けたもの。

これくらい肥えてくると、唐揚げはもちろん、煮付けや塩焼にすると充分に美味さを堪能できる。

高級魚ではなく、大衆魚としてとらえると、最も価値ある時といえる。

|

« よ~いドン!魚の棚ロケ | トップページ | きょうの健康5月号 »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/51222533

この記事へのトラックバック一覧です: 魅力ある大衆魚(メイタガレイ):

« よ~いドン!魚の棚ロケ | トップページ | きょうの健康5月号 »