« キャラぱら! | トップページ | 勘九郎の「美しい日本に出会う旅」(BS-TBS) »

五智網漁のツバス

121127

関西ではツバス→ハマチ→メジロ→ブリと大きくなるにつれ呼び名が代わるので出世魚。

明石では、ハマチやブリの水揚げがなくはないが、その多くは淡路島の南(外海)を回遊する。(スーパー等に並んでいるのは殆どが養殖物)

ところがツバスは外海ではなく瀬戸内に入ってくる。

夏の終わりくらいから水揚げが始まり、冬にはハマチと呼べるくらいの大きなものが多くなってくる。

大きくてよく肥えたツバスは脂ののりもよく、綺麗な身をしている。もちろん味も良い。

今、明石浦では毎日、沢山のツバスが水揚げされている。

釣りや底引き網で獲られるものもあるが、五智網のものが多い。

五智網漁とは中層を泳ぐ魚を網に追い込み、網目に刺させたり、からませてとる漁法なんだそうだ。

出始めの小さなツバスは、網目で体が傷つけられ見た目も良くないものが多い、もちろん味も落ちる。

ところが、大きくなるほど網目で体が傷つけられることも少なくなる。

↑写真は、本日、浜で買い付けた五智網漁のツバス、

これで1.5kgある、見た目も綺麗。

そんなツバスが今まさに最盛期を向かえている。

|

« キャラぱら! | トップページ | 勘九郎の「美しい日本に出会う旅」(BS-TBS) »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/47998509

この記事へのトラックバック一覧です: 五智網漁のツバス:

« キャラぱら! | トップページ | 勘九郎の「美しい日本に出会う旅」(BS-TBS) »