« Lead Man | トップページ | 月見の会 »

別れ、そして新しい一歩

たしか8年前?、とある地域のまちづくり会議に、おいらは魚の棚から、相棒(係長)は市役所の担当課として出席していた。そして、その後用意されていた懇親会でたまたま席が隣同士になった。

はじめは地域に関わる話をしていた。彼がロック愛好家であるなど知るよしもないし・・

ところが、ひょんなことから趣味の話になり、お互いの共通の趣味がギターだということが発覚。そうなれば話は一気に開花する。

え~~~!!ギター弾かれるんですか~~!ぼくもなんですよぉ~!

しかも、彼の口から出てきたのが「ジョニー・ウィンター」

R&Bではないか!

おいら、当時も今もストーンズ、これはかなりちかい!

彼の印象は役所色が強くロックとは結びつかなかった、意外な感じだったが、それがかえって心地良かった。

そういうおいらも、魚屋色が強く、「ロックやってる」といえば、かえってくる言葉はたいてい・・

え~~~意外!/笑

そこで、「一度セッションしてみないか!」というとうことになった。

その時、彼が弾いたのが、まっちゃんBANDの定番「ジョニー・B・グッド」

お~~~!!

お互いそれまで埋もれていたなにかに火が付いたのか、バンドを結成しようということになった。

これがまっちゃんBANDの始まりだった。

今も思うが、人生を左右するものは、計算或いは計画されたものではなく、縁や偶然によるところのものが多い。

その後約8年にわたり、お互い刺激し腕を磨きあい、そして音を絡ませてきた。

おそらく彼とは、おいらが音楽をやるかぎり、永遠に相棒として共にやっていくだろうと思っていた・・

ところが、別れは突然にやってきた。

目指すものが違ってきたのかもしれない。

彼は自らのギターを追及すべく新バンドを結成し、まっちゃんBANDを去っていった。

しかし、これも彼にとっては縁なんだ。

寂しい気もするが、おいらはおいらでこの先を進しかない・・

良い出会いだった、今は感謝の気持ちで一杯だ。

ありがとう、係長

いつかまたどこかで共演しよう!

↓まだ人前で演ることに慣れていなかった結成当時(時のウィークにて)、

どこか初々しさが残ってる?/笑

Toki1

|

« Lead Man | トップページ | 月見の会 »

まっちゃんBAND」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 別れ、そして新しい一歩:

« Lead Man | トップページ | 月見の会 »