« 解禁7日目の新子 | トップページ | いかなご新子の刺身 »

今が食べ頃、いかなご釜揚げ

120306

いかなごを炊くには鮮度が命だが、炊いてしまえば後は日持ちする。

ところが、釜揚げはそうはいかない。

この時期にしか味わえない!

一旦冷凍されたものなら一年中あるが、味はいまひとつ。

↑は今日、魚の棚の乾物屋さんで買ったいかなご新子の釜揚げ。

腹のところが赤い「赤腹」と呼ばれるもの。

釜揚げはこの赤腹が美味い。

また、ちょうどこれくらいの大きさのものが口あたりが良い。

魚屋やスーパーに並んでいるセイロに入った釜揚げは加工屋さんで作られたもの、

水分が上手く取り除かれ、ふわっとしている。

この食感を家で出すのは難しいかもしれない。

かつて、イカナゴといえばこの釜揚げが主流。

生のいかなごを家で炊くというのは、ごく一部の地域ではあったようだが、

これほどまで広範囲でブームとなったのは、ここ20~30年くらい前からと、以外とその歴史は浅い。

※いかなご情報はこちら

|

« 解禁7日目の新子 | トップページ | いかなご新子の刺身 »

いかなご」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/44391615

この記事へのトラックバック一覧です: 今が食べ頃、いかなご釜揚げ:

« 解禁7日目の新子 | トップページ | いかなご新子の刺身 »