« 神戸新聞に松庄が載ってます | トップページ | 小さいイカナゴを好まれるお客さん、最適の大きさです! »

女将さん、夜な夜な頑張ってます

魚の棚のイカナゴといえば、生売の他にセイロに入った釜揚げや釘煮を販売している店もあります。

その釘煮ですが、

加工屋で炊かれたものを仕入れて販売している店もあれば、

自家製、つまり生のイカナゴを仕入れ店内で炊いている店もあります。

↓は、魚の棚の「ミーたん婆」の女将さん。

閉店後に夜な夜な炊いていました、頑張ってます。

加工屋の様な大がかりな設備はなく、手作業でコツコツと炊く釘煮は、個人商店ならではの味なんでしょうね。

生売りとは違う大変さを感じました。

120229

|

« 神戸新聞に松庄が載ってます | トップページ | 小さいイカナゴを好まれるお客さん、最適の大きさです! »

いかなご」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/44313388

この記事へのトラックバック一覧です: 女将さん、夜な夜な頑張ってます:

« 神戸新聞に松庄が載ってます | トップページ | 小さいイカナゴを好まれるお客さん、最適の大きさです! »