« あだ名?は、デンスケ | トップページ | シケ、それでも魚はあるんです! »

魚を売ってると、いろんなお客さんに遭遇します

とあるイイダコをお求めになられたお客さん編

その1

お客さん:おばちゃん!ちゃんとイイとっとてよ!(訳:イイを抜いておいて下さい)

えっ、おばちゃん!

まぁ、エエかぁ~わしが言われとんちゃうしぃ~

パート:あっ、スミですねっ

イイをとってもたらアカンやろぉ~

その2

お客さん:これオス、メスどっち

パート:これ全部メスで子が入っていますよ

お客さん:真顔で、ほんまやろなぁ~嘘ちゃうやろなぁ~ちゃんと子、入っとるやろなぁ~

パート:大丈夫ですよっ

お客さん:いやぁ~

どないやネン!

でも、このお客さん買って下さいました..............なんか微妙.

ちなみにイイダコのオスメスは簡単に見分けられます。

漁師も分けてセリにかけます。

店頭でお求めになられる時は、不正表示はまずないとは思うのですが、一応、見分け方を知っておくのもいいのではないかと。

オスもメスもどちらも「イイダコ」と呼んでいますが、

メスは「子持ちイイダコ」、オスは「スボ」と呼んでいます。

一般的には、スボは、子持ちの半値以下ではないでしょうか。

オスの方が比較的身が柔らかく、なによりも安価なので、これはこれで値打ちがあります。

但し、当店が扱うのは子持ちのみです。

↓子持ちイイダコです。

ご覧の様に透明感のある卵色した部分がイイです。オスはこの部分が真っ白で透明感がありません。

120123

|

« あだ名?は、デンスケ | トップページ | シケ、それでも魚はあるんです! »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/43834835

この記事へのトラックバック一覧です: 魚を売ってると、いろんなお客さんに遭遇します:

« あだ名?は、デンスケ | トップページ | シケ、それでも魚はあるんです! »