« 魚屋の焼鯛 | トップページ | お正月 in ハワイ »

あけましておめでとうございます

年末の魚の棚、不景気や震災と懸念もあったが、おかげさまで多くのお客さんで賑わった。

20回以上迎えているが、やはり特別な日。

物量が普段と各段に違うのに加え、際物といって売れ残ると後がないという恐さがある。

特に魚の様な生物は、売上を伸ばすためには、売れ残るというリスクも背負わなければならない。

毎年、発注量は前年のデータを元に決めるのだが、人(従業員)が同じとは限らない。

人が変わるということは時に商いを大きく左右する、データのみに頼ることはできない。

もちろんチャレンジというポジティブな部分もあるが、「どうなることやら・・」という不安がないかといえば嘘になる。

少なめに発注して手堅く終わらせたい気持ち半分、売れ残るのを覚悟で勝負に出たい気持ち半部、毎年ここで悩む。

何度やっても、ある程度売れ行きが見えてくるまではハラハラする。

ただそれは気分的なもので、「早く売れた=よく売れた」ということではない。

過去の成績をみても、最後まで苦戦した年は、結果的には良い成績を残している。

その点では今年の年末は少し無難に終わったかもしれない、これは反省点として残しておきたい。

今年の年末は総勢18名、その中には明石商業高校の野球部員もいる。

毎年、野球部の監督さんから商店街を通じて部員のアルバイトの依頼がある。

職場体験を通じて社会を学び、バイト代は部費や遠征費にあてるということが目的だそうだ。

さすが強豪チームだけあって、体格と礼儀の良さには感心させられる。

即戦力として今年もよく頑張ってくれた。

3日が初練習で、その後は年中休みなしなんだそうだ。

甲子園を目指して頑張って欲しい。

ちなみに前回松庄に来てくれた部員は、夏の大会はエースとして活躍し甲子園まであと一歩だった。

↓写真:左とまん中の二人が野球部員

201201022

↓年末を無事に終え、元旦の初詣

今年も自分に与えられたもの(店、魚、魚の棚等々)を大切に頑張っていきたい。

20120102

|

« 魚屋の焼鯛 | トップページ | お正月 in ハワイ »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/43594339

この記事へのトラックバック一覧です: あけましておめでとうございます:

« 魚屋の焼鯛 | トップページ | お正月 in ハワイ »