« 神経抜き | トップページ | 魚を売ってると、いろんなお客さんに遭遇します »

あだ名?は、デンスケ

120120

穴子の特大サイズを「デンスケ」と呼んでいます。

おそらく明石用語?

何故、デンスケ?伝助?なのかはわかりません、

思うに、その風貌から誰かがそう呼んだのがそのまま定着した?

ちなみに、明石浦漁協では、

特大サイズの太刀魚よりさらに大きなものを、超特大ではなく「トビ」と表示しています。

とびぬけて大きいから?

ローカルチックです/笑

それはまぁいいとして............

魚の多くは、太くて大きなものが脂がのって美味とされています、

穴子とて例外ではありません。

ところがデンスケになると、ハモ同様、骨切りをしてやる必要があります。

それが手間なのか、それとも味そのものなのかはわかりませんが、焼穴子屋ではまず使われません。

皆さんが目にすることも少ないのではないでしょうか。

ただ、一部の料理屋にはかなり人気がある穴子なんで、あればたのんでみては如何ですか、お薦めできます。

|

« 神経抜き | トップページ | 魚を売ってると、いろんなお客さんに遭遇します »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/43809252

この記事へのトラックバック一覧です: あだ名?は、デンスケ:

« 神経抜き | トップページ | 魚を売ってると、いろんなお客さんに遭遇します »