« 魚の棚歳末大売出し | トップページ | 魚の棚トリックアート »

サワラを通して............

鰆と書いてサワラですが、秋が旬の魚です。

今年は豊漁で、浜でも丸々とよく肥えた良いサワラが、毎日たくさん水揚げされています。

この時期は味噌漬けにされる魚屋も多く、お歳暮としても人気があります。

浜では2kg位のものが多いのですが、↓写真は某寿司屋の注文で買い付けたもので5Kg以上あります。

このサイズのものでよく肥えているものとなれば味も絶品!

ただ、数が少ないので値も高く、魚屋の店頭に並ぶことはめったにありません、料理屋へ直行となります。

昨夜は長年共に働いていた元従業員さんと↓のサワラを注文してくれた寿司屋で食事をしていました。

もちろん↓のサワラを刺身にして出してくれました。

元従業員さんも思わず、

えっ、メチャ美味いやん!

サワラは身が柔らかいので、刺身にするとき、とりわけ鮮度が重視されます。

とれたてのサワラの刺身となると、産地で食べるしかありません。

明石の料理屋が重宝されるのは、料理の技術のみならず、とれたての新鮮でかつ美味しい魚が手にはいるという土場があるからではないでしょうか。

また魚の棚も漁港にほど近いという恵まれた地の利があります。

つまりどこよりもとれたての明石の魚を販売しやすいという好条件を得ています。

おいら、自らの商いにおいて、まずはこのことを生かせるというところから考えています。

単純なことかもしれませんが、

肝心なことは、それを貫き通せるかどうかなんだと............

111206

|

« 魚の棚歳末大売出し | トップページ | 魚の棚トリックアート »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/43274357

この記事へのトラックバック一覧です: サワラを通して............:

« 魚の棚歳末大売出し | トップページ | 魚の棚トリックアート »