« 新鮮さを保つ!(川津海老) | トップページ | まっちゃんBANDやら子どもの音楽会やらの休日 »

これぞ、うおんたな!(ツバス)

111108

ツバスは一般的にはセリにかけられる前に漁師によって絞められるが、

明石浦では、水揚げされたツバスは一旦プールに運ばれ、生きたままセリにかけられる。

当店は明石浦と目と鼻の先、

この立地条件を生かし、セリ落としたツバスは浜で絞めずに生きたまま店に持ち帰り、一旦↑の様に店内の活洲の中で活かせておく。

いつも新鮮なツバスが並んでいるのは、店頭に並べる直前まで絞めないかから。

絞めた直後のツバスはバタバタと跳ね回るという豪快さ!

これぞ、うおんたな!

そしてツバスはなんといっても刺身、まさに鮮度が命。

さらには「活越」といって、活洲の中で24時間以上活かせておくことで、より品質の良さを保つことができる。

ツバスには一本釣と網のものとがある。

一本釣りは見た目は綺麗だが、網と比べると値段が高いという難点がある。

当店が買い付けるツバスは主に網に五智網漁のもの。

ちなみに五智網漁の他に底引網漁でも捕獲される。

網物は、釣物と比べると見た目は劣るが、味に差があるわけではない。

また、こうやって活かせてやることで、かなり良い状態で販売することができる。

もちろん値段は釣りのものより安い。

そんなツバス、今、サイズもよく最盛期。

寒くなれば、このツバスに代わりブリが登場しますが、こちらは明石産ではなく愛媛産養殖物となる。

まっちゃんは魚屋さん(ツバス)

|

« 新鮮さを保つ!(川津海老) | トップページ | まっちゃんBANDやら子どもの音楽会やらの休日 »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/42929681

この記事へのトラックバック一覧です: これぞ、うおんたな!(ツバス):

« 新鮮さを保つ!(川津海老) | トップページ | まっちゃんBANDやら子どもの音楽会やらの休日 »