« 明石まちなかバル | トップページ | ツバスが良いサイズになってきた! »

ババダコ

9月~10月は明石ダコの産卵期、

タコの子は珍味として美味しく、好きな人はこの時期しか楽しめないが、

やはり、一般の人にとって重要なのは本体?の味。

他の魚同様、身に栄養がとられるので味はどうしても落ちる。

身が痩せてブヨブヨのタコを明石では「ババダコ」と呼んでいる。

もちろん、ババは婆からきている/笑

産卵期は水揚げも激減し、他地域では禁猟区もあったりするので、

品質が良くないにもかかわらず高値がつく。

もちろん、子が重宝されているのではない。

タコはオスメスを分けて出荷されるということはない、

これは販売時も同じ。

どうしてもこの時期の「高くて悪い」、そんなタコはすすめたくない、

店頭においても殆ど販売を見合わせている。

そういえば某料理屋さんがこんなことを言っていた。

明石=タコというイメージが強く、産卵期であってもお客さんからの要望があるそうだ。

それ故、仕入れないわけにはいかないとか、

通年であれば11月後半頃には、身が引き締まって上質な寒ダコが数多く水揚げされ相場も安定してくる。

もちろん、自然のことなので確実なことはいえないが。

1110242

|

« 明石まちなかバル | トップページ | ツバスが良いサイズになってきた! »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/42658299

この記事へのトラックバック一覧です: ババダコ:

« 明石まちなかバル | トップページ | ツバスが良いサイズになってきた! »