« 女と男(吉本若手芸人) | トップページ | 桜ダイのオスとメス »

活アジ(紀州産)

110521

↑活アジ、紀州産。

明石産と紀州産といえば、イメージは違うが、海的?にはすぐ隣。

大きく違うのは、"魚"そのものではなく"流通"。

紀州の漁師が獲ったアジは、深夜、産地で絞められハッポーに入って、早朝、明石の卸売市場に届きます。

一方、明石の漁師が獲ったものは、昼市の直前に絞められます。

どちらも刺身用ですが、

明石昼網物の活アジは、絞めて間なしなので、プルンと身がしなる(いかっている)状態。

まさにとれとれ、究極の鮮度!

刺身にすれば、コリコリとした食感が楽しめます。

魚の棚は、漁港に隣接しているので、そんなアジが店頭に並びます。

一方、朝に届く紀州の活アジは既に死後硬直状態、

ただ、全国的には、鮮度の良い物とは、この死後硬直状態を指しています。

明石の様にとれたてが手に入るというのは、産地ならではで、むしろ特種。

明石でも、既にアジの水揚げは始まっていますが、まだ漁が少なく高値で一般向けではありません。

現時点では紀州産がお薦め!

もうしばらくすると明石でも漁が本格的になってきます。

そうなれば、もちろん明石物で勝負!

|

« 女と男(吉本若手芸人) | トップページ | 桜ダイのオスとメス »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/40069423

この記事へのトラックバック一覧です: 活アジ(紀州産):

« 女と男(吉本若手芸人) | トップページ | 桜ダイのオスとメス »