« 活アジ(紀州産) | トップページ | 気になる明石駅前再開発 »

桜ダイのオスとメス

Akshitaiosumesu3

↑写真、どちらも明石鯛、

上がオスで、下がメス

ご覧のように、オスは黒っぽく、メスはピンク色をしています。

桜ダイと呼ばれる春の鯛は、色の違いがはっきりしているので、見分けやすいです。

やはり、見た目はメスの方が綺麗ですね。

浜でもメスの方が比較的、高値で取引されます。

ところが....................

肝心の中身はといえば、

春、鯛は産卵期にあたり、メスは子(卵)、オスは白子を持っています。

メスは栄養が子の方に取られてしまうからでしょうか??

身そのものは、オスの方が良い物が多いです。

つまり、桜ダイに関しては、オスの方が狙い目ってコトかも。

人間同様?見た目ではなく、中身で判断/笑

|

« 活アジ(紀州産) | トップページ | 気になる明石駅前再開発 »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/40081912

この記事へのトラックバック一覧です: 桜ダイのオスとメス:

« 活アジ(紀州産) | トップページ | 気になる明石駅前再開発 »