« AKASHI MUSIC FES '11 | トップページ | 3月9日、イカナゴ »

鮮度が命

イカナゴ新子、まだ小さいのですが................

毎年、解禁直後は、早朝8時過ぎには、入荷前でまだ販売価格も表示されていないにも関わらず、行列ができます。

この様なお客様にとって、何よりも大切なものが、鮮度。

値段は二の次なんです。

小さいものを好む上級者?は、どんなに小さくても鮮度が良ければ上手く炊けるということを知っています。

もちろん、腕にはそこそこ自信を持っておられます。

逆に鮮度落ちしたものは、いくら安くても、失敗すればなんにもなりません。

生姜、醤油、砂糖代はパー、

その上、調達から料理にかけた全ての労力もパーになります。

上級者は、「いかに上手く炊くか!」この一点に集中しています。

「どこそこのイカナゴは、なんぼやった!(いくらで売ってた)」っと、

値段のことをいうのは、ある程度大きくなってから...................のことかも

↓解禁4日目の新子のくぎ煮です。

110307

|

« AKASHI MUSIC FES '11 | トップページ | 3月9日、イカナゴ »

いかなご」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/39141433

この記事へのトラックバック一覧です: 鮮度が命:

« AKASHI MUSIC FES '11 | トップページ | 3月9日、イカナゴ »