« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月に作成された記事

潜入!いかなご漁

まっちゃん探検隊、いかなご漁に潜入!

林崎の漁師、高濱さんの運搬船に乗せてもらうことに..................

早朝5時半、

大漁を願って、林崎漁港を、いざ、出港!

Takahama15 Takahama17 Takahama16 Takahama12 Takahama6 Takahama4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

榎本和夫 総決起大会

えのもと和夫総決起大会

明石市民会館/大ホール

大盛況でした。

最後に事務局長から紹介して頂き、ガンバローコールをやらせて頂きました。

↓左から、榎本さんの息子さん・娘さん・奥さん、榎本さんご本人、おいら、西村衆議院議員

110326

↓榎本さん、ご家族、そしてスタッフ全員で会場に向け、

ガンバロー~~!!

1103261

終了後、ロビーにて

選対副委員長とツーショット

彼とは伝説のロックバンド??"抹茶Boys"でギターを弾いてた仲です。

今回は選挙仲間として共に頑張っています!

1103262

| | コメント (0) | トラックバック (0)

競争が意識を変える

時代は昭和、

今想えば恥ずかしながら

イカナゴの搬入は、昼間でもトラックで、

クラクション、ブーブーブー

どいて、どいて~~!!

っと、勢い良く?商店街に入り、店前でおろしていました(^_^;)

それが許された?←えっ、誰も許していない

古き良き時代?でした/笑

時代は平成

それくらいからだったかなっ?

9時以降は写真の様に、駐車場に車を止めて台車にのせて搬入しています。

昼市の魚の搬入も同様で、商店街の手前でトラックの魚を台車に積み替えます。

行儀がいいです/笑

ゴミの収集車も、昼間に入ってきた時代?もありましたが、今は夕方です。

今ではあたりまえの「お客様本意」

想えばいつからでしょう、この言葉が本当の意味で定着したのは...............

かつて景気の良い時代は、どこか売る側本意なところがありました。

厳しい時代の中、競争が意識を変えさせたのかもしれません。

良い意味での競争が良いあり方を築くのだと..................

えらそうに言ってますが、

これもおいら自身、痛いめにあって、わかったことかも/笑

110323

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミニコミ誌「うおんたな」

ミニコミ誌「うおんたな」16号が完成しました。

今回の制作も前回同様、魚の棚と神戸学院大学のコラボです。

配布:3月27日(日)

神戸新聞折込(明石市内)、魚の駅(魚の棚内)、明石商工会議所1階ロビー、観光案内所

久しぶりに、おいらも登場させてもらいました(^_^;)

110323mi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだまだ炊き頃

110322

例年だと、この時期は随分と大きくなっていて、

お客さんには、大きいなぁ~~!!っと、言われながらも、

解禁当初と比べると、値段が下がってくるので、

最後の追い込み?ご自宅用?に買って頂いているのですが、

(もちろん大きなサイズを好まれるお客さんもおられます、おいらもそのうちの一人です)

今年は成長が遅く、今日も炊き頃の非常に良いサイズのものが大漁に水揚げされました。

お客さんの反応も、例年の

大きいなぁ~~!!

ではなく、

安ぅ~~!!

今が買いです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イカナゴ、最終ぅ~~!

110321

林崎のいかなご、

漁は早朝6時頃から始まり、最初に水揚げされたものが入札に掛けられるのが8時。

その後、沖と港を往復する運搬船が港に到着次第、随時、入札が行われます。

漁は規制時間の10時(状況によっては変更)まで続けられます。

写真は、この日の最後に水揚げされたもの。

大漁です!

最後に水揚げされたイカナゴを、おいらの店では、

「イカナゴ、最終ぅ~~!」

っと、言って呼び込んでいます。

「えっ、イカナゴ、今日で終わりなんですか」

っと、中には勘違いされるお客さんも................

「いえいえ、本日、最終の入荷便ってことです」

少々意味不明ですが、

ニュアンスとして、どうにか伝わっているみたいです(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

19日土曜日、林崎漁港

1103192

1103193

昨日に続き大漁!

これだけ大量に獲れると、船の水槽からカゴに移し、港に揚げるだけでも大変です。

もちろん、漁師のみならず、セリ落とした後は、我々魚屋も店に速効で持ち帰り、

店員が袋に詰め販売と大忙しです。

獲る人、売る人、料理する人、

鮮度が命な魚だけに、誰もが必死になります、

スピードが勝負なんです。

今日は土曜日とあって、魚の棚も沢山のイカナゴを求めるお客さんで賑わいました。

漁況もよく、炊き頃の良いサイズのものをお手頃価格で販売できたので、満足して頂けたのではないでしょうか。

20日(日曜日)は、大阪湾、東・西播磨灘のイカナゴ漁は禁漁日です。

21日(祝)は通常通り、イカナゴ漁は行われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まさに炊き頃のサイズ

「小さいなぁ~」っと、言われ続けてきたイカナゴ新子、

気温のせいでしょうか?

それとも獲る場所?

昨日のものと比べても、たった一日で急に?大きくなっていました。

まさに、炊き頃、最適のサイズです。

この最適サイズをゲットするには、今週、来週あたりが勝負です!

ここを外すと、次は「大きいなぁ~」っとなります。

さらに、本日は大漁で、大変お求め安い値段となりました。

明日は土曜日、日曜日は禁漁日なので、今期、最大の山場となりそうです。

今日の様な漁を期待したいです。

皆様のお越しをお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸新聞(明石版)

神戸新聞明石版に当店が写っていました。

「被災した親戚を思い、輸送が可能になりしだい、くぎ煮を送りたいという思いから、いかなごの列に並ぶ」

その様なお客さんもいらっしゃるのだと....................

くぎ煮にして遠方へ送られるお客さんは多いと思います。

贈る人を想いながら、炊かれているのかもしれません、

いろんな思いをのせて送られているのでしょうね。

そのような魚だから、人気が衰えないのかもしれません。

そんなお客さんの思いに少しでもこたえられるよう、

明日も頑張ります!

110318

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いかなご行列

イカナゴ新子、

炊き頃の良い大きさになってきました。

サイズにこだわるお客さんは、今週が勝負?かもしれません。

小さいながらも失敗しない良いサイズです。

さらに、本日(15日)は、お値段もお手頃価格でした。

この品物でこのお値段なら、嬉しいですよねっ。

終日、行列が途切れることはありませんでした。

今週は、前半の山場です。

110315

| | コメント (0) | トラックバック (0)

炊き頃の大きさになってきました

お待たせしました~~!!

小さい小さいと言われ続けてきた今年のイカナゴ、

ようやく炊き頃の良いサイズになってきました。

いよいよ本番です!

迷わず、エンジンを全開にして下さい。

↓林崎漁港

本日(14日)、漁況もよく、浜は沢山のイカナゴで活気づきました。

1103142

110314

↓炊き頃の大きさです

1103143

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選挙について一言

現在、榎本和夫後援会事務所で、微力ながらボランティアスタッフとして参加させて頂いている。

メンバーはもちろん全員ボランティなので、「応援しよう!」という気持ちだけでつながっている。

見返り的なことを期待するせこい?人は、ここには一人もいない/笑

こういう人に囲まれていると、気持ちが前向きになる。

もちろん、当選して頂いて、その後は所属団体を通じて、要望や意見を交換をするつもりだ。

今回、榎本氏が掲げている「明石の中の兵庫」

おいらのような商店街サイズの中でも、

例えば、商店街がイベントを行うとき、市からの助成金を頂いている。

ところが、県となると、そういったことはまったく情報がない。

遠い存在というか、どこへ行けばいいのかも分からない。

榎本氏が言う、

明石をさらによくするためには、県との連携が必要

明石の中にどれだけ県の管轄のものがあるか、

県内の他の市と比べても、明石は県とのパイプが薄い、

市と県の連携の強化、

榎本氏は市会議員を二期務め、このことを強く感じ、議会の要請もあって、県会への出馬を決意された。

榎本氏が初めて市議選に出馬した時、「旧ダイエー跡地、これをなんとかする」

そのことを最大の公約として上げ、当選後は、氏の働きで再開発が具体的になってきた。

これは、氏の大きな実績だと思う。

そんな榎本氏に、次は県という場で、明石のために働いて頂きたい。

ところで、選挙というのは..................

「○○は頻繁に挨拶に来る」

とか、

「○○は感じが良い」

とか、

「○○にはお世話になっている」

とか、

「知りあいの○○さんに○○を頼まれている」

とか、

分からなくはないし、

選挙を戦う上で、後援会も積極的にお願いはする。

ただ、しがらみや好き嫌いで、政治家を選ぶのはどうかと思う。

政策や実績というものをキチッと見極める必要があるのではないかと.................

スミマセン、なんか、えらそうなコト書いて/笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月12日(土)、イカナゴ漁中止

東北地方太平洋沖地震の被災者の皆様、お悔やみとお見舞い申し上げます。

本日(3月12日)、地震による影響で、

イカナゴ新子漁は全域で中止となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

林崎漁港にて

1103112

林崎漁港に停泊しているイカナゴ漁船。

早朝未明、一斉に出港します。

資源保護のため、漁ができる時間が制限されています。

11日現在、朝6時から10時までの4時間、

但し、今後、状況に応じて延長されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

経験からくる言葉

110310

おいら毎日、林崎漁港へいかなごの買付に行きます。

港の近くには魚の加工場も沢山あります。

写真は、その中のひとつで、開サンマを作っているところです。

明石はタイ、タコ、穴子、海苔等が有名なのですが、

なんと!開サンマの生産量は日本一なんだそうです。

加工場の社長さんに別件の用で伺ったのですが.................

70歳になられる社長さん、まだまだバリバリの現役、

包丁を持って従業員さんと一緒になってサンマを捌いていました。

社長さんいわく、

「この年になってもこうやって仕事ができるってことは、ほんとありがたい」

この言葉、凄く響きました。

理屈ではなく、経験からくる言葉って説得力があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月9日、イカナゴ

↓林崎漁港にて、

いかなご戦争を共にする魚屋の友人のT君と漁協の兄さん、

サイズをチェックしています。

昨日のものより、少し大きくなっている気もしますが....................微妙です

110309

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮮度が命

イカナゴ新子、まだ小さいのですが................

毎年、解禁直後は、早朝8時過ぎには、入荷前でまだ販売価格も表示されていないにも関わらず、行列ができます。

この様なお客様にとって、何よりも大切なものが、鮮度。

値段は二の次なんです。

小さいものを好む上級者?は、どんなに小さくても鮮度が良ければ上手く炊けるということを知っています。

もちろん、腕にはそこそこ自信を持っておられます。

逆に鮮度落ちしたものは、いくら安くても、失敗すればなんにもなりません。

生姜、醤油、砂糖代はパー、

その上、調達から料理にかけた全ての労力もパーになります。

上級者は、「いかに上手く炊くか!」この一点に集中しています。

「どこそこのイカナゴは、なんぼやった!(いくらで売ってた)」っと、

値段のことをいうのは、ある程度大きくなってから...................のことかも

↓解禁4日目の新子のくぎ煮です。

110307

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AKASHI MUSIC FES '11

日曜日はイカナゴ禁漁日。

ってことで、今日は、ビックイベント、

春旬祭の一環として行われた"AKASHI MUSIC FES '11"に出演させていただきました。

場所は、明石のライヴハウス「ポチ」

満員のお客さんの前で心地よく演奏させて頂きました。

来て下さった皆さん、お忙しい中、ほんとうにありがとうございました。

楽しんで頂けましたでしょうか。

魚の棚とセットで、まっちゃんBANDwithプチマイをこれからもどうぞよろしくお願い致します。

ご当地バンドとして練習を重ね、やれるとこまでやっていこうかと..............

頑張ります!

110306

1103062

| | コメント (0) | トラックバック (0)

解禁後初の週末

110305

イカナゴ解禁後初の週末、そして春旬祭とあって、魚の棚は凄い賑わいでした。

当店も、朝一番、イカナゴを求められるお客さんの行列ができました。

まだかなり小さいのですが、このサイズを好まれるお客さんは多いです。

小さいイカナゴは、上手く炊くと見た目が凄く奇麗く、食べやすいのですが、

反面、炊くのが難しい(団子になりやすい)という難点もあります。

上級者向けイカナゴと呼んでいます/笑

上手く炊くコツは、なんといっても鮮度の良い物を手に入れることです。

上級者は、自らの経験からか、このことをよく知っているので、特に鮮度を重視されます。

そこで、力を発揮するのが魚の棚。

なんといっても港に隣接しているという強みから、とれたてのものが即座に並びます。

大きなものに比べ鮮度落ちが早いので、小さいうちは朝に人気が集中します。

1103052

魚の棚で行われた、町衆明石さんによるいかなごくぎ煮コンテストです。

こちらも長蛇の列でした。

やはり、応募されるだけあって、皆さん、小さなサイズのものでも、ほんと上手く炊いています。

鮮度の良い物と腕があれば、このサイズのものでもこれだけ上手く炊けるということが証明されています。

失敗された方は、まずは魚屋ではなく、自らの腕を責めましょう/笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

解禁2日目

1103041

解禁初日と比べると、そこそこの漁でした。

1103042

朝一番は、列ができました。

ピーク時に漁況が良ければ、列はスムーズに流れるのですが................

今年は多いという予報なので、期待しましょう!

浜の相場は、漁獲量と店頭の売れ行きで決まります。

不漁や、

また、大漁であっても売れ行き不振による相場の暴落はよくありません。

漁師がいて魚屋がいて、そして何よりも買って下さるお客様がいて、

最もいい形でつながる、

つまり、

そこそこの値段で安定した供給ができるという形がベストなんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日解禁、イカナゴ

港に漁船(運搬船)が戻ってきました。

沖では網船が漁を続けていて、水揚されたイカナゴは運搬船(↓写真)で港に運ばれます。

そして直ちに、入札。

1103034

1103032

初セリとあって、漁船にはまるで芸能人のごとく?報道陣がつめかけています/笑

イカナゴの人気の高さを示しています。

110303

で、気になる漁獲量は、

気温が低かったからでしょうか?

少なめでした。

とはいえ、まだ初日、

事前予報では、昨年より多めとあったので、まだなんともいえません、これからです。

サイズは小さめ、

ただ、このサイズを好む人も多いのではないかと。

特に最近はプロ級の腕を持った達人?も多いとのこと。

是非、挑戦されてみては如何ですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ明日(3日)、イカナゴ新子解禁

解禁をまだかまだかと待ちわびている人も多く、電話での問い合せが殺到しています。

ありがたいことではあるのですが、なにぶん個人商店ですので、対応には限界があります。

特に電話は、出られない時が殆どで、出られたとしてもどうても事務的かつ短時間ですませざるをえません。

どうかこのあたりはご理解下さいますようお願い申し上げます。

そうはいっても、

遠方から交通費を払って足を運んで下さるお客様、

一度に大量にお買い求めになられるお客様、

また、生姜を予め切っておく等、準備をしてからお越しになられるお客様、

性格上?どうしても他店の値段や入荷状況が気になるお客様/笑

等々

問い合わせをして、事前に確認したいというお気持ちは充分に分かります!

そこで、

できるかぎりの情報をホームページにてお伝えしていきますので、こちらを活用して頂ければ幸いです。

正直なとこ、毎日、更新するとなれば、けっこう大変ではあるのですが(^_^;)

そこは皆様のご要望にお応えして頑張っていこうかと。

その上で、当店にてお買い求め頂ければ、この上なくありがたいです。

というか、それこそが情報発信者の下心?というか本音なんです/笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イカナゴ新子解禁日

イカナゴ新子解禁日

3月3日(木)

大阪湾、東播磨灘、西播磨灘、一斉解禁

解禁初日は木曜日ですが、営業させて頂きます。

朝一番の入札は時刻は8時

早ければ、8時過ぎには入荷できますが、状況によって遅れることもあります。

尚、3月は休まず営業させて頂きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »