« イカナゴ新子漁、試験操業の結果 | トップページ | 明石時計 »

子持イイダコの煮付

111023

今年のイイダコの水揚げは平年より少なめですが、

水揚げ、イイの詰まり具合等、総合的に判断すると、まさに今が最盛期といえるかもしれません。

3月に入ると、頭の中にイイがめい一杯詰まってきますが、水揚げが少なくなるので相場もあがります。

さらに当店の場合、イカナゴが解禁になると、並べる場所や手もなくなってくるので、店頭販売(前売り)は少なくなってきます。

↑写真はおかんが従業員のお昼のサイドメニュー(メインはお弁当)に作ったイイダコの煮付けです。

味付けは、濃いめ薄め等、各ご家庭の味がありますが、

うちのおかんは、煮付けはイイダコのみならず他の魚も平均、濃いめ。

魚の素材を充分に活かせたいなら、薄めがいいという料理屋さんもいますが、

それでも、おいら、おかんの濃いめが好きです。

「体を使う肉体労働者は、煮付は濃いめ、また、塩も多めを好む傾向にある」

と、誰かがいってました、確かかどうかは分かりませんが。

|

« イカナゴ新子漁、試験操業の結果 | トップページ | 明石時計 »

お魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140386/38985589

この記事へのトラックバック一覧です: 子持イイダコの煮付:

« イカナゴ新子漁、試験操業の結果 | トップページ | 明石時計 »